« 焼岳:ナナカマドに笹のミドリ | トップページ | 龍王岳:今年の立山納め »

2010年10月24日 (日)

山羊的休日:のんびりと草をはむ

2010年10月23日

紅葉登山に最適なお天気である。
けど、ここしばらくの疲れがどうしても取れなかったことから、思い切って休養することにした。

ただ、もったいないので、午後から家内を誘って出かけることにした。近くの里山を散策することも考えたが、熊鈴を忘れてしまった。今年は、熊さんがたくさん里に下りてきているので、鳴り物の携行は必須である。よって、今回はドライブで我慢することにした。紅葉には少し早いとは思ったものの、大辻山から上市川ダムに抜ける林道をルートに選んだ。

途中、「あるぺん村」に立ち寄り、親子連れに交じって山羊やポニーと戯れる。ちいさい子供たちって、純粋でかわいいねえ。親も穏やか。良い時代になったなあ。

Dsc_01501

(山羊さんの眉間)

Dsc_01561

(くださいよう)

雄山神社の横を通り、尾根上へと登ってゆく、ナラ枯れした木々を見ながら高度を上げてゆく。1000mを超えたあたりから紅葉が楽しめる。

Dsc_0164_0311

(眺めの良い場所で、立山、弥陀ヶ原方面を望む)

遠く、高所は晩秋の風景である。今は称名滝、これから美女平あたりが紅葉の盛期を迎える。

鳥越峠の高峰山登山口あたりは、剣岳や毛勝の山々が一望できる。この辺は入る人が少なく、誠に静かである。上市川第2ダム湖畔の「ふるさと剣親自然公園」で、のんびり時間をつぶして山を後にした。帰りは、「湯神子温泉」のお湯を頂いた。掃除が行き届いた気持ちの良い温泉である。日帰り入浴は13:00から、ご注意ください。

山は「逃げる」と気づいてから、時間の許す限り山に入ることを心がけてきたが、こんな草をはむようなのんびりした休日も良いものである。

追記:寒気が南下しているので、山は一気に冬に近づくと予想される。雪の山も気持ち良い。実に楽しみである。しばらく、夏バテが尾を引いて、思うように体を動かせなかったが、来るシーズンにむけて準備を整えたい。(会合ではほどほどに)

|

« 焼岳:ナナカマドに笹のミドリ | トップページ | 龍王岳:今年の立山納め »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/49830208

この記事へのトラックバック一覧です: 山羊的休日:のんびりと草をはむ:

« 焼岳:ナナカマドに笹のミドリ | トップページ | 龍王岳:今年の立山納め »