« 白馬岳・雪倉岳・朝日岳:北アルプス一番の花の道 | トップページ | 鋸岳(甲斐駒):灼熱の戸台川河原歩きが核心 »

2010年8月 8日 (日)

錫杖岳:リボンがくせ者

2010年8月8日(日)

金曜日の夜に南アルプス(鋸・甲斐駒)に向けて自宅を出発したのだが、自家用車の足回から異音がするため、15分ほどで引き返した。土曜にディーラーで見てもらったところ、ブレーキ系のトラブルであった。
さて、日曜はどうするか?日帰りで面白い山をと選んだのが、錫杖岳である。この山は、クライマーの山として有名ではあるが、岩峰を登攀しなくとも頂上に達することができる。とはいえ、整備された登山道はなく、ルートファインディングの能力が試される場所である。
午後は天気が崩れると予報されていたことから、午前中には下山できるよう、朝はかなり早い時間に出発した。

暗闇の中、3:40槍見館横の登山口で登山届を提出し、登山道に分け入った。ヘッドランプを頼りにてくてく登ってゆく。クリヤ谷の渡渉部で、木に赤布がぶら下がっているあたり(岩に白丸2つ)には渡れそうな場所はなく、少し上流で渡ったが、登山道までやぶをこぐことになり、時間をロスした。帰りの明るい時間帯に見ると、下流のすく近くに本来の渡渉場所があった。暗闇での渡渉は危険である。

5:00に錫杖沢出合にたどり着く。錫杖沢の左岸に巻き道があり、これを登ってゆくが、途中右手に上るルートがあり、ここを行くと前衛フェース基部、クライマーの世界に迷い込むことになる。左の本沢方向へ下り、沢をしばらく進むと左手に岩小屋がある。沢をさらに進むと、二又、両方とも赤布やペンキでマーキングしてあり、どちらを選んでも先に進めるらしいが、左の方が確実に上部に繋がっている。濡れた岩が滑りやすく、注意しながら登ってゆく。所々、ロープが残置されていたが、意識して使わなかった。水が枯れ、沢は狭くなってくる。また二又となるが、今度は右を選ぶ。
朝露で濡れながらアゲインストの笹をかき分け、6:40尾根上にたどり着くと、有名な枯れ木が出迎えてくれた。

P10204381

(登ってきた笹藪)

P10204401

(目印の枯れ木)

以降、尾根に沿って北上し、岩の左側を巻いてゆく。崩壊地を過ぎたあたりからは、木々の隙間を這うように進む箇所が多く、ザックが邪魔となる(途中でデポすればよかった)。ピッケルが埋め込んである頂上には7:20に到着。(本当の頂上はさらに先である)笠、槍・穂高連山とご対面。

P10204441

(左奥の木が茂ったピークが本当の頂上?、彼方は笠ヶ岳)

帰りは来た道を戻ったが、あらぬ方向に進むマーキングに騙され、時間をロスした。枯れ木から沢への下降を開始する。当初は右又の沢から下山しようと思っていたが、トラバースすべき場所に気が付かず、来た道を下ることになった。

しばし休憩して左手岸壁をクライマーが懸垂下降するのを見学した。やってみたい。岩小屋から下部は、少しルーファイに苦労しながら、10:00に一般登山道に這い上がった。サクサク下って11:00に登山口に到着。午前中に下山する目的は達成した。マイカーに戻り、速攻で温泉へと向かった。

P10204571

(岩壁を懸垂下降するクライマー、見えないかも)

P10204601_2

(振り返り見た錫杖沢、結構急峻である)

P10204631

(登山口の電話ボックスは消え、今はここに登山届を出す)

追記
・沢を登ってゆくが、取りつくポイントを選べば技術的に特に困難な場所はない(簡単ではない)。選択を誤った場合、特に枝沢に迷い込んだ場合、窮地に立たされるかもしれない。
・濡れた岩が滑るので注意が必要。雨天時は登る気がしない。小生は靴の選択を誤った。
・雨天時は、入り込まない方が賢明。
・そこらじゅうにマーキング(リボン)があり、バリエーションルートとは呼ばない。ただし、あてにならないマーキングがかなり多く、これに惑わされない力量が必要。
・小生は、ヘルメットやザイルを持参した。あまり出番はなかったが、過剰装備だとは思っていない。
・地形はそれほど複雑ではない。地形図を頭に入れておくことが大切。

|

« 白馬岳・雪倉岳・朝日岳:北アルプス一番の花の道 | トップページ | 鋸岳(甲斐駒):灼熱の戸台川河原歩きが核心 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/49096493

この記事へのトラックバック一覧です: 錫杖岳:リボンがくせ者:

« 白馬岳・雪倉岳・朝日岳:北アルプス一番の花の道 | トップページ | 鋸岳(甲斐駒):灼熱の戸台川河原歩きが核心 »