« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の3件の記事

2010年8月26日 (木)

鋸岳(甲斐駒):灼熱の戸台川河原歩きが核心

2010年8月22・23日

本当に今年は良い天候が続いている。残暑はかなりのものである。おかで、夏バテ気味で体に力が入らない。あまり、モチベーションが上がらないが、積み残した宿題をやっつけておきたい。今回は、先々週、マイカートラブルのため、ご近所敗退した課題を消化することにした。

仙流荘先の駐車場で車中泊、朝は所定の時間より早く複数台のバスが運行を始めた。始発のバスに乗って、北沢峠には6:30頃到着した。甲斐駒ケ岳へは仙水峠のルートを選んだ、理由は仙水小屋で美味しい水を補給するためである。

無事、水を補給すると、2日分の水4.5Lで、ザックはずっしり重くなった。なお、今回使用したザックは、オスプレーのケストレル28である(ずいぶん使いこんできたので、そのうちコメントを残したい)。さすがにテント泊の山行では60Lザックを使うが、それ以外はすべてこのザックで済ませている(日帰り~2・3泊の小屋泊)。今回は、ツェルト泊で、シュラフ、30mザイル、登攀用具、食料、衣類、ヘルメット、4.5L水ほか、それなりの物量ではあったが、なんとか詰め込んだ。

汗で衣服を濡らさないよう、ゆっくりと登った。今日は、明日への準備の日である。疲労を溜めないことが今日のテーマである。

P10204781

(駒津峰からみた鋸岳、ここから見るとありふれた山様である)

六万石から先は巻道を選んだ、こちらのほうが甲斐駒らしい風景を堪能できる。頂上には、10:15頃到着、12年ぶりである。ここから先は、ひと気が全くない。
途中、雷鳥と出会う。

P10204921

(この雷鳥、全く逃げようとしない。なぜかと思ったら、そばに雛がいた。人間も見習うべきである。)

頂上から1時間ほどで六合目石室に到着。屋根が葺き替えられ、もはや石室ではなく、立派な小屋である。土間も使えば、大勢泊まれそうである。当初はここに宿泊する予定であったが、午前中で停滞するのは早すぎる。さらに先に進むことにする。

P10205031_3

(上から小屋を発見、良い場所にあると思う)

これから先は、アップダウンがあって、思ったよりも体力を消耗した。地図には三ッ頭の頂上は北側を巻くと記してあるが、実際には巻かない。

P10205081_2

(右から三ッ頭、遠くに鋸、左は無名峰)

途中、女性2名のパーティーとすれ違う。お疲れのご様子。このルートで初めて人に会った。
中の川乗越にも早い時間にたどり着いた。明るいうちに鋸岳まで行けそうであるが、疲れた体で、核心部は通過したくない。適当な場所にツェルトを張って、体を休めた。上空を飛ぶ飛行機がうるさく、しばしば目が覚めた。

翌朝、日の出とともに出発。

P10205261_2

(朝日に照らされる第2高点への登り、ガレたルンゼをつめてゆく)

P10205321_2

(第2高点から見た第1高点:鋸岳)

第2高点から尾根沿いを戸台川方向へ下る。大ギャップ下の沢で、しばしルートを見失う。少し戻って見渡すと、沢の対岸の木にリボンを発見(視界が悪いと発見できないと思う)。沢を少しだけ下って、右に斜上するのが正解。大ギャップ方向へ登ってはいけない。

P10205341_4

(写真中央のバンドがルート、その先(左)の木にリボンのマーキング。見えないかも)

その斜上したバンドを登ると、その上部に鹿窓が見える。もっと先だと思っていたので、意表を突かれた。ジグザグに登ると、鎖に導かれる。あまり難しくはないので、鎖を使わずに登った。ただし、岩が非常にもろく、石を落してしまう。ほかに人がいなくて幸いであった。

P10205371_2

(鹿窓が見えてきた)

P10205381_2

(振り返り見た鹿窓への登り、浮石が非常に多いのが分かる)

鹿窓を抜け、第一高点へと向かう。小ギャップを通過し、アイゼンの痕が残る岩場をしばらく行くと、頂上である。ここまでくると、何人かの登山者と出会う。

頂上には7:40に到着。これまで歩んできたルートを振り返って、ご満悦である。戸台川対岸の林道もはるか下にある。今日はこれからさらに下まで下り、遠く戸台大橋までいかねばならない。

P10205461_2

(これから下る戸台川とその下流、はるか向こう雲の下に仙流荘側の田園が見える。遠いなあ)

角兵衛沢を下る。ザレた斜面が有名である。右岸と左岸で様相が大きく異なる。どちらを選ぶかは好みの問題だと思う。細かい礫の右岸は、踏むたびに大きく崩れる。登りは大変だろう。ただし、下りは雪道のように、膝に負担がかからないのが気に入った。一気に下る。やがて樹林帯に入る。入る人が少ないせいか、道は荒れていない。堆積した落ち葉のクッションが心地よい。実に、歩きやすい道である。この下り、穂高の白出沢よりは負担が少ないと感じた。
10:20、戸台川を渡渉した。この時間なら、予定していた戸台大橋のバスに十分間に合う。余裕ですな。ところが、この先、今回の山行の最大の難関が待っていた。左岸を歩いている間は、木々の木陰を選んで歩けるのでさほどではなかったが、再度、右岸に渡ってからは日差しを遮るものはなく、加えて河原の石からの放射熱がものすごい。河原全体が熱源である。朦朧とした。暑さには強いつもりであったが、かなり堪えた。この間に、水を1.5Lほど消費した。

P10205661

(良い天気、日差しが強く、河原は暑い→熱い)

戸台川の河原には、紫色の花が咲き乱れていた。帰化植物とのこと、名前を教えてもらったが、思い出せない。

P10205671

(渡渉が気持ち良い)

戸台大橋には12:30頃到着、臨時のバスが来たのであまり待たずに駐車場まで戻ることができた。仙流荘で風呂をあびてさっぱりした。充実した山行であった。

追記:

①特に危ないのは大ギャップ下の沢~小ギャップまでの間で、その距離はそれほど長くない。難所には鎖が設置されているので、岩ができる人ならザイルなしで通過できる。ただし、落石の危険性が高く(ヘルメット必須)、通過に際しては、登山者同志で声を掛け合って安全を確認する必要がある。鹿窓下の鎖場は大なり小なり落石が必ず生じると考えるべき。当たり前だが、複数の人間が同時に鎖に取りついてはいけない。

②鎖が設置され、以前よりも通過しやすくなったとはいえ、危険が解消されたわけではない。まだまだ、安易に入り込んではいけないルートだと思う。

③ザイルほか簡単な登攀具を持参したが、使う場面はなかった。ただし、沢が増水した際の渡渉に備えて持参したものであり、余計な荷物だとは思っていない。

④甲斐駒ヶ岳から鋸岳にかけて、ルート上には的確なマーキングが施してあった。センスの良さを感じた。

⑤人が少なく、静かな山を楽しめる。逆に、何かあっても助けは得にくい。

⑥初日、北沢峠へ向かう林道で、5頭のシカの群れと出会った。バスの客は写真撮影で忙しい。小生の脳裏に浮かんだ言葉は「ジビエ」であった。下山後、仙流荘の食堂でジビエ料理のメニューを発見。シカの個体数を減らすのに協力すべく、鹿肉ソースカツ丼を注文した。伊奈といえばソースカツ丼である。イノシシ料理もあったが、もののけ姫の乙事主(おっことぬし)の形相を思い出して、なんだか食す気がしない。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

錫杖岳:リボンがくせ者

2010年8月8日(日)

金曜日の夜に南アルプス(鋸・甲斐駒)に向けて自宅を出発したのだが、自家用車の足回から異音がするため、15分ほどで引き返した。土曜にディーラーで見てもらったところ、ブレーキ系のトラブルであった。
さて、日曜はどうするか?日帰りで面白い山をと選んだのが、錫杖岳である。この山は、クライマーの山として有名ではあるが、岩峰を登攀しなくとも頂上に達することができる。とはいえ、整備された登山道はなく、ルートファインディングの能力が試される場所である。
午後は天気が崩れると予報されていたことから、午前中には下山できるよう、朝はかなり早い時間に出発した。

暗闇の中、3:40槍見館横の登山口で登山届を提出し、登山道に分け入った。ヘッドランプを頼りにてくてく登ってゆく。クリヤ谷の渡渉部で、木に赤布がぶら下がっているあたり(岩に白丸2つ)には渡れそうな場所はなく、少し上流で渡ったが、登山道までやぶをこぐことになり、時間をロスした。帰りの明るい時間帯に見ると、下流のすく近くに本来の渡渉場所があった。暗闇での渡渉は危険である。

5:00に錫杖沢出合にたどり着く。錫杖沢の左岸に巻き道があり、これを登ってゆくが、途中右手に上るルートがあり、ここを行くと前衛フェース基部、クライマーの世界に迷い込むことになる。左の本沢方向へ下り、沢をしばらく進むと左手に岩小屋がある。沢をさらに進むと、二又、両方とも赤布やペンキでマーキングしてあり、どちらを選んでも先に進めるらしいが、左の方が確実に上部に繋がっている。濡れた岩が滑りやすく、注意しながら登ってゆく。所々、ロープが残置されていたが、意識して使わなかった。水が枯れ、沢は狭くなってくる。また二又となるが、今度は右を選ぶ。
朝露で濡れながらアゲインストの笹をかき分け、6:40尾根上にたどり着くと、有名な枯れ木が出迎えてくれた。

P10204381

(登ってきた笹藪)

P10204401

(目印の枯れ木)

以降、尾根に沿って北上し、岩の左側を巻いてゆく。崩壊地を過ぎたあたりからは、木々の隙間を這うように進む箇所が多く、ザックが邪魔となる(途中でデポすればよかった)。ピッケルが埋め込んである頂上には7:20に到着。(本当の頂上はさらに先である)笠、槍・穂高連山とご対面。

P10204441

(左奥の木が茂ったピークが本当の頂上?、彼方は笠ヶ岳)

帰りは来た道を戻ったが、あらぬ方向に進むマーキングに騙され、時間をロスした。枯れ木から沢への下降を開始する。当初は右又の沢から下山しようと思っていたが、トラバースすべき場所に気が付かず、来た道を下ることになった。

しばし休憩して左手岸壁をクライマーが懸垂下降するのを見学した。やってみたい。岩小屋から下部は、少しルーファイに苦労しながら、10:00に一般登山道に這い上がった。サクサク下って11:00に登山口に到着。午前中に下山する目的は達成した。マイカーに戻り、速攻で温泉へと向かった。

P10204571

(岩壁を懸垂下降するクライマー、見えないかも)

P10204601_2

(振り返り見た錫杖沢、結構急峻である)

P10204631

(登山口の電話ボックスは消え、今はここに登山届を出す)

追記
・沢を登ってゆくが、取りつくポイントを選べば技術的に特に困難な場所はない(簡単ではない)。選択を誤った場合、特に枝沢に迷い込んだ場合、窮地に立たされるかもしれない。
・濡れた岩が滑るので注意が必要。雨天時は登る気がしない。小生は靴の選択を誤った。
・雨天時は、入り込まない方が賢明。
・そこらじゅうにマーキング(リボン)があり、バリエーションルートとは呼ばない。ただし、あてにならないマーキングがかなり多く、これに惑わされない力量が必要。
・小生は、ヘルメットやザイルを持参した。あまり出番はなかったが、過剰装備だとは思っていない。
・地形はそれほど複雑ではない。地形図を頭に入れておくことが大切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

白馬岳・雪倉岳・朝日岳:北アルプス一番の花の道

2010年7月31日(土)~8月2日(月)

高山植物の開花も終盤と考え、急ぎ北アルプス随一の花の道を訪れた。蓮華温泉から入山し、白馬岳、雪倉岳、朝日岳を経て、蓮華温泉に下りるルートである。もしかしたら、見ごろは過ぎているかと懸念していたが、いやいやすばらしい花たちが出迎えてくれた。文句なしの北アルプス一の花巡りの道であった。

7月31日
(蓮華温泉~白馬大池~小蓮華岳~白馬岳)
蓮華温泉駐車場で車中泊し、5:30に駐車場を出発した。今回のテーマは、存分に花を楽しむことと、最終日の長い下りに備えて、体力を温存することである。そもそも、幕営装備では、そうそうペースは上がらない。息を整えながら、ゆっくりと登ってゆく。8:35白馬大池に到着。早速、ハクサンコザクラ、ハクセンイチゲ、チングルマ等々の花々が出迎えてくれる。

小蓮華岳に向かって、尾根を登ってゆく、途中のハクサンイチゲの群落が見事であった。その他、定番のミヤマキンポウゲ、ウサギギク、シナノキンバイ、イワギキョウ、ウスユキソウ、イワイチョウ、ミヤマタンポポ、イワツメクサ、ホソバツメクサ、イワオウギ等々花盛りであった。

Dsc_10701_2

(この季節、訪花昆虫たちも大忙しである)

小蓮華山を過ぎると、殺風景となるが、三国境から白馬岳にかけては、所々にお花畑が広がる。富山側斜面のコマクサの群落は言うまでもないが、信州側にも幾つか点在する。ウルップソウの花期は終わっていた。

Dsc_10981_2

(デイジー?、正しくはミヤマアズマギク)

白馬岳頂上には、12:20に到着。ザクザク下って、村営宿舎横のテント場に幕営し、ビールを買って、まったりと過ごした。隣の単独の御嬢さんは明日、大池へ向かうとのこと、花はこの辺じゃ1番ですよと申しましたが、よく考えてみると4・5番目だったかなあ。ごめんなさい。ワインを飲んで、早々に寝てしまった。

8月1日
(白馬岳~雪倉岳~朝日平)
翌朝、テントを撤収し、テント場のすり鉢から這い上がったのは、4:55頃であった。

Dsc_11111_2

(日の出前の旭岳、登ったことは無い。雪渓をつめて割れ目から這い上がってみたい)

Dsc_11141_2

(杓子岳・鑓ヶ岳、しばらく登っていない)

Dsc_11171_2

(ご来光を見ようと丸山の人々、浮かぶ立山・剣)

Dsc_11211

(白馬岳頂上から雲海と太陽)

Dsc_11341_2

(振り返り見た白馬岳)

以降、終始ガスに覆われ、視界が悪い。ミヤママツムシソウの写真を撮ったりしながら、鉱山道の分岐を過ぎると、いよいよ、花の道へと突入する。鉢ヶ岳と雪倉岳は、国内でも有数の花の見事な場所である。

Dsc_11441

(ハクサンイチゲ・シナノキンバイの群落)

Dsc_11461

(栽植したような、ミニミニロックガーデン)

とにかく見事な花・花・花畑。ガスがかかって終始視界が悪かったが、幻想的な雰囲気を味わうことができた。小桜ヶ原はハクサンコザクラが見事であった。木道が整備されているが、その後の水平道も含め、古くて滑りやすい。危険である。

Dsc_11571

(キヌガサソウ、水平道は春の花が多い)

朝日平には、11:20頃到着。テント場には、3番乗りである。午後には雨が降ってきたので、テントの中でのんびり過ごした。夕方には、雨が上がり、雪倉岳や白馬岳を望むことができた。

Dsc_11891

(朝日平から見た、雪倉岳、白馬岳、旭岳。チングルマの盛期に来れば更に見事だろう)

Dsc_12021

(ヨツバシオガマは稜線沿いと湿原では違う植物のように見える)

それから、今日見た花は、初日見たものに加え、タカネナデシコ、シロウマアサツキ、ミヤマオダマキ、タカネグンナイフウロ、ミヤマムラサキ、コバイケイソウ、ミズバショウ、ニッコウキスゲ、クルマユリ、カライトソウ、ミヤマウイキョウ、ミヤマゼンコほか色々。(とにかくたくさん)

テントに戻ってみると、隣りには某高校山岳部のテント。予想どおり夜遅くまで、話が尽きない。若いからしょうがないよね。その後、他の登山者に注意され、即、就寝したようだ。素直でよろしい。日本の将来は君たちとともにある。期待しているよ。

8月2日
(朝日平~朝日岳~蓮華温泉)
朝日岳には汗をかかないように登った。そのまま、新潟側へと下る。この下りも花が見事であった。朝もやの中、しばしば感動し、足が止まった。この感動を文章や写真に表現する素養がないのが残念である。とにかく、来てよかった。

Dsc_12241

(ハクサンシャジン?)

Dsc_12301

(名も知らぬせり科植物、イワオウギの群落)

吹上のコルから五輪尾根へと向かう。地図にはぬかるみの道と記してあるが、新しい木道が設置されており、快適に歩くことができる。花も見事で、写真撮影に時間がとられ、先に進めない。

Dsc_12361

(ヒメシャジン?)

Dsc_12391

(ハクサンコザイクラの群落)

Dsc_12531

(青空・雲・雪・花・緑、コントラストが美しい)

Dsc_12641

(五輪高原のワタスゲ)

白高知沢まで下ったあと、尾根を巻いて鉄製の立派な橋を渡ると、登り返しが始まる。登りつめると、ギボウシやシモツケソウ、オタカラコウが咲き乱れる兵馬の平である。

Dsc_12721

(シモツケソウ、たくましい植物。たまには撮ってみる)

Dsc_12741

(花の木道)

さらに蓮華温泉まで登りかえし、汗だくになってに駐車場に到着した。

蓮華温泉ロッジでは、内湯の温泉を頂戴し、シャンプーと石鹸でさっぱりした。泉質は、温泉くさいザ・温泉って感じの良いお湯でした(ちょっと熱いけど)。かなり満足。

帰りは、木地屋の集落で「ざる大盛り」を食し、帰宅した。

追記:花の名前に詳しくないので、間違い等があればご指摘ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »