« 霧ヶ峰:さわやかさわやか | トップページ | 戸隠山:誠に蕎麦好きである »

2010年7月22日 (木)

薬師岳・黒部五郎岳:ピストン・ぴすとん

2010年7月18・19日(日・月)

3連休であったが、突然の梅雨明けに心と体の準備ができていなかった。金曜は仕事で帰宅が遅くなり、行く先も決めずに眠ってしまった。結局、出遅れてしまい、日曜に折立から薬師岳を日帰りすることとし、月曜は予備日にする予定をたてた。あまりにも、創造力に乏しいプランである。

Dsc_08931

(折立のテント場、広くて気持ちが良い。無料)

18日
前日に折立に入り、車中泊して5:10に出発した。涼しい時間帯にグングン高度を稼いで、3時間ほどで、太郎平にたどり着いた。黒部源流の山々が出迎えてくれる。

少し休んで、薬師岳へと向かう。少し降って、気持ちよさそうなテントサイトを横切り、沢を登ってゆく。テントを持参しなかったのを強く後悔した。9:50、改築中の薬師岳山荘にたどりく着いた。2階建ての立派な小屋に大変身である。8月1日に、オープンとのことであったが、間に合うのだろうか?内装も外装もこれからである。

Dsc_09101

(青空の下、てくてく登る)

穂高、槍などの眺めを楽しみながら登ってゆく。赤牛岳が長大なのがよく分かる。逃げ場の無いルートに見える。

Dsc_09141

(やがて這松も消える)

Dsc_09191

 

(薬師岳東南稜と黒部源流、槍穂高、笠、山々)

偽ピークのシェルター?を過ぎてしばらくゆくと頂上である。11:15に到着。立山や剣岳とご対面である。

来た道をノンビリ降って、太郎平に13:25に戻った。良い季節に良い天気、このまま下山するのは実に勿体ない。小屋はさほど混雑していないという。即、チェックイン。午後は、ビールを飲みながら小屋前のベンチで日向ぼっこして、まったりと過ごした。最高!

Taroudairakumo

(午後には雲がもくもく)

Dsc_09541

(夕日が沈む)

夜、大部屋には、酩酊したおじさんが1人いて、みんなに迷惑をかけていた。耳栓を車に忘れきたのが失敗であった。

19日
翌朝、4:10に小屋を出発し、黒部五郎岳へと向かった。本日もすこぶる良い天気である。5:30に北ノ俣岳に到着。たおやかな山容は、小生好みである。右手には、御嶽山、乗鞍岳、笠ヶ岳が並んで雲海の上に顔を出している。

五郎の斜面をジグザグに登り、分岐を右手に進むと黒部五郎岳のピークである。8:05に到着。

Dsc_09701

(五郎のカールには未だ雪が残る)

このペースであれば、余裕を持って折立に戻れるだろう。風景を楽しみながら、来た道を戻る。北ノ俣岳では、小屋でもらった弁当を食す。笹の葉ちらし寿司である。美味しく戴いた。

Dsc_09811

(もらった弁当、ボリュウムも十分。ただし、これではサヤエンドウを食べ忘れる人がいると思う)

12:30に太郎平に戻る。今日の行程はなだらかではあったが、時間はたっぷりかかってしまった。

少し休憩をとって、サクサク降った。折立までは2時間弱の行程であった。下界はかなり暑い。登山口の自販機のコーラが売り切れていた。ゆるさん。

下山後は、富山市内にある日帰り温泉、長八温泉「花の湯館」で汗を流した。黒褐色のお湯は肌触りが良く、小生のお気に入りの場所である。疲れた時に立ち寄る事が多い。ここのお湯には、いつも癒されるのである。富山インターにも近く、富山の回転寿司とセットでおすすめである。

追記:今回は、薬師岳と黒部五郎岳をそれぞれピストンすることになった。これまで、これらの山は縦走することばかり考えていたので、ある意味、新境地、思いがけない行程を楽しむことができた。

|

« 霧ヶ峰:さわやかさわやか | トップページ | 戸隠山:誠に蕎麦好きである »

」カテゴリの記事

コメント

興味深かく読ませてもらいました。すぐにでも薬師、五朗岳に行きたい。明日用意しお天気をたしかめトライします。もう残雪の心配はないですね。浜松から5~6日の予定で。

投稿: | 2012年7月 3日 (火) 22時53分

コメントありがとうございます。

本年は、空梅雨の影響で残雪が多い年です。
一部、登山道に残雪があるという前提でお入りください。
特に、薬師の登りであるやもしれません。
お気を付けください。
(事前に、山小屋に問い合わせてみられることをお勧めします)

投稿: shuntasan | 2012年7月 3日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/48918912

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師岳・黒部五郎岳:ピストン・ぴすとん:

« 霧ヶ峰:さわやかさわやか | トップページ | 戸隠山:誠に蕎麦好きである »