« 薬師岳・黒部五郎岳:ピストン・ぴすとん | トップページ | 白馬岳・雪倉岳・朝日岳:北アルプス一番の花の道 »

2010年7月26日 (月)

戸隠山:誠に蕎麦好きである

2010年7月24日(土)

梅雨が明けてから、連日猛暑が襲い、午後になると山は濃い雲に覆われている。天気予報を吟味した結果、中部地域の高所山岳は、いずれも「晴れ一時雨か雷雨」となっており、下界の各地でも雷注意報が発令されている状況にある。日曜は仕事があるので、土曜の日帰りとし、天候が安定している午前中に下山できる場所を探した。
低山は、暑くて登ってられない。せめて、2000m級をと選んだのが、戸隠山である。戸隠(高妻)へは先月行ったばかりではあるが、また、蕎麦を食べに出かけることにした。

Dsc_09991

(早朝の杉並木、日中は多くの観光客が歩んでいる)

戸隠神社奧社入口の駐車場で車中泊し、朝の4:50に出発した。静かな杉並木の参道が気持ち良い。5:20に登山届けを提出して、いきなりの急登である。すぐに、汗が吹き出してくる。半ズボンにすべきであった。

6:00頃、百間長屋に至るが、その後、急な鎖場が連続する。鎖を使わないことを宿題にしていたが、2度ほど掴んでしまった。岩は凝灰質集塊岩という岩らしく、ホールドは比較的豊富なのだが、掴んだ石がポッコリ剥がれそうで信用できず、ほぼ完璧な3点保持でよじ登った。

Dsc_10101

(本格的な鎖場となってきた。砂岩に埋もれた石が剥がれそうで怖い)

6:50、核心部である「蟻ノ塔渡」に取りかかる。右下にトラバースするルートもあるが、当然、尾根上を選択する。ただし、全行程を立って歩くのは「阿呆」であるので(ザイルで確保されているなら、やってみても良い?)、手も駆使しながら通過した。存分ににスリルを楽しんだ後、少し登ると八方睨である。7:15に到着したが、混雑時にはもっと時間が掛かるだろう。

Dsc_10171

(振り返り見た蟻の戸渡と飯縄山)

以降、戸隠山、九頭竜山を経て、一不動へと降り立った。途中の稜線沿いは、右手が断崖で緊張するが、崖にはギボウシほか種々の草花が咲いており、心を癒してくれる。登山道の藪が刈り払ってある。ご苦労に感謝しつつ、進んでゆく。一不動には、8:50頃到着。後続の登山者は、このまま高妻山へ行くという。十分に時間があります。頑張ってください。
小生は、このまま沢を下って、戸隠牧場に入った。牛、馬、山羊、そして豚?が放たれている。10:10に牧場入口にある蕎麦屋に入り、テラスでざる大盛を食す。吹き抜ける風が気持ち良い。以前からこの席で、くつろいでみたかった。

Dsc_10352

(ざる大盛り)

十分にくつろいだ後、キャンプ場口からさかさ川歩道を通って、駐車場へと戻る。花の写真など撮って遊ぶ。この周辺は水芭蕉の季節が良い。野鳥も多い。また来ます。

Dsc_10391

(名も知らぬ)

奥社入口の茶屋で熊笹ソフトを食し、車に戻ったのは12:00であった。
下山後は、登山口の偵察がてら妙高に転戦し、赤倉温泉の「滝の湯」で汗を流した。刺激的なお湯であった。露天風呂のみで、洗い場も戸外、冬は寒そうである。

燕温泉の手前駐車スペースは、登山客の車でいっぱいであった。妙高山への登山口を確認して、帰路についた。また来ますね。

|

« 薬師岳・黒部五郎岳:ピストン・ぴすとん | トップページ | 白馬岳・雪倉岳・朝日岳:北アルプス一番の花の道 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/48971496

この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠山:誠に蕎麦好きである:

« 薬師岳・黒部五郎岳:ピストン・ぴすとん | トップページ | 白馬岳・雪倉岳・朝日岳:北アルプス一番の花の道 »