« 毛勝山:降雪後の谷歩きは危険 | トップページ | 中山:剣天望地今日は花 »

2010年6月 8日 (火)

夫婦山:新緑の双耳峰?

2010年6月5日

一年のうちで最も良い季節である。新緑が誠に美しい、吹き抜ける風も心地よい。とはいえ、ここしばらくは仕事の疲れがとれず、休養が必要だと感じていた。案の定、3:30の目覚ましの期待には応えられなかった。

良い季節に良い天気である。もったいないので、出かけることにした。場所は、富山市(旧八尾町)の夫婦山である。珍しく、家内も登山口まで付き合うという。小井波の里、豚舎の裏に回り込み駐車した(この先200mほど奧まで車が入れたようである)。10:50に出発、今日は少し負荷をかけて登ってみる。手入れの行き届いた登山道である。杉の人工林を抜けると、松瀬峠である。風が心地よい。ここまで、20分。南峰(男山)の登りは少し急で、補助ロープが設置されている。頂上には11:25に到着した。とって返し、北峰(女山)はなだらかな斜面で11:45に到着、休憩もそこそこにサクサク降って、12:05に駐車場所に戻った。待機しているはずの家内は、桐谷ダム下の八尾化石資料館「海韻館」まで遊びに行って戻っていない(面白かったとのこと)。仕方が無いのでミズバショウ群生地まで道ばたの草花の写真を撮りながら、ブラブラと歩いて時間をつぶした。 

Dsc_06351

(男山途中にある立派な杉の木)

Dsc_06541

Dsc_06591

(小井波からみた夫婦山、双耳峰には分類できないかもしれない)

乾いた登山道、心地よい風、新緑、草花、短い時間でしたが、とても良い里山散策でした。帰りは、春日温泉「ゆうとりあ越中」で温泉を戴いた。清潔感のある良い温泉である。おすすめであるが、土日は日帰り入浴できる時間帯が短いので、注意が必要である。あと、温泉の名称がイケテナイですね。

入浴後は、国道41号線沿いの「番やのすし」大沢野店に立ち寄った。県外の山関係の知人の多くが、富山に来たら(R41を使う場合ね)必ず立ち寄るという評判の回転寿司である。白身を中心に注文したが、いずれも青臭さを感じさせない、美味しい寿司であった。満足。

気持ち良い季節に山を歩き、良い温泉で汗を流して、うまい寿司を食す。有意義(贅沢)な一日であった。

|

« 毛勝山:降雪後の谷歩きは危険 | トップページ | 中山:剣天望地今日は花 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/48571005

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦山:新緑の双耳峰?:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/06/08 11:14) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 11時14分

« 毛勝山:降雪後の谷歩きは危険 | トップページ | 中山:剣天望地今日は花 »