« 中山:剣天望地今日は花 | トップページ | 霧ヶ峰:さわやかさわやか »

2010年6月13日 (日)

高妻山:シラネアオイと戸隠蕎麦が目的

2010年6月12日

今回は、朝寝坊して出立が遅れないよう、前夜のうちに登山口に向かうことにした。自宅から3時間ほどで戸隠牧場に到着し、仮眠をとって5:05頃出発した。口蹄疫対策のため、牧場入り口には石灰が撒かれていた。
牧場の中を進んでゆく。朝靄の向こうに、戸隠山や五地蔵山を望むことができる。良い一日になりそうである。樹林帯に入り、大洞沢に沿って登ってゆく。沢沿いは種々の草花が開花しており、楽しみながら登ってゆくことができる。

Dsc_07381

6:00頃に切り立った帯岩に取り付く。その後、団体に追いつき道を譲ってもらったが、この時急ぎ登ったため、エネルギーを消耗してしまい、以降のペースが落ちてしまった。一不動には6:25頃到着、北に向かって尾根沿いを行くが、所々シラネアオイの群落を目にすることができる。今回、高妻山を選んだのは、このシラネアオイが第1の目的である。特に、五地蔵山を過ぎた八薬師・九勢至あたりの群落は見事であった。

Dsc_07551

(好きだなあシラネアオイ)

何枚も写真を撮ったが、思うようにうまく撮れない。小生の腕が悪いせいではあるが、草姿のバランスの悪い植物だと思う。花もあっちこっちを向いていて、どの角度から撮っても様にならない。これも魅力なのかなあ。

Dsc_07621

(高妻山への尾根)

急登にさしかかり、100mほど雪の斜面を歩かねばならない。踏み跡がしっかりしているので、慎重に歩けば問題ないが、降りでは怖い思いをするかもしれない。小生は、登りはそのまま登ったが、降りは軽アイゼンを装着、ストックをピッケルに持ち替えた。8:50に高妻山頂上に到着、少し先に進んだ眺めの良い場所でオニギリを食べた。火打山~金山には、まだたっぷり雪が付いている。むむむ、歩いてみたい。

少し休憩して、サクサク降った。11:00までに、一不動に着いたら、戸隠山まで足をのばすつもりであったが、思ったより時間がかかってしまい。15分ほどタイムオーバー。この山域のガイド本を書いた人は健脚らしい。
今朝来た大洞沢を降ってゆく。沢沿いの新緑は、誠に気持ち良い。今朝は下を向いていたニリンソウも上を向いて咲いている。急ぐのは実にもったいない。のんびりペースで降ってゆく。それでも、12:50に駐車場に到着。

Dsc_07781

(写真では表現できない新緑の気持ち良さ)

下山後は「戸隠神告げ温泉」で温泉っぽくないお湯で汗を流し、街道沿いの蕎麦屋で、本日第2の目的である「ざる大盛り」を食して、目的を貫徹した。

追記:
①高妻山は、さすが百名山である。大勢の登山客が入山していた。一方、皆マナーがよろしい。道をゆずるタイミングの良い方(個人・団体)が多い。小生も見習いたい。
②6月上中旬、上部に雪が残る場合がある。年によっては全く不要であるが、心配な人はアイゼンぐらい持参したほうが良いと思う。小生はピッケルも持参したが、過剰装備だとは思っていない。山は安全に楽しみたい。
③行動しやすい気温で、風が心地よい。新緑は文句なく美しい。やはり、山は梅雨入り前のこの時期が一番良い。高所を除き、夏山なんて暑くて登ってられないなあ。
④稜線に残る残雪の上に、丸い糞が散らばっていた。ニホンジカさん???誰かは知りませんが、シラネアオイを食べないでね。

 

|

« 中山:剣天望地今日は花 | トップページ | 霧ヶ峰:さわやかさわやか »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/48618466

この記事へのトラックバック一覧です: 高妻山:シラネアオイと戸隠蕎麦が目的:

« 中山:剣天望地今日は花 | トップページ | 霧ヶ峰:さわやかさわやか »