« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の2件の記事

2010年5月25日 (火)

毛勝山:降雪後の谷歩きは危険

2010年5月16日

現在の毛勝山は尾根上に登山道が開拓されているが、かつては登山道が無く、残雪期にしか登れない山とされていた。一般に、残雪期の毛勝山に登るには、長大な毛勝谷の雪渓をつめてゆくが、ここは落石の多い危険なルートとしても知られている。

リスクの高い山域ではあるものの、雪の状態が比較的安定しているこの時期であれば、少しは安全に登れるものと考えて出立した。ただし、後で知ったのだが、2日前に上部で降雪があったらしく、むしろリスキーな山行となってしまった。

アプローチの林道は除雪されておらず、片貝第4発電所を過ぎた成谷堰堤あたりに駐車し、そこから歩くことになった。このため、阿部木谷の最終堰堤を通過したのは6:45頃で、予定よりも入山が遅れてしまった。ここからは頂上までは終始雪渓の上を歩くことになる。

Dsc_05681

(阿部木谷口、新緑が美しい)

Dsc_05771

(板菱あたり)

明神沢分岐あたりで、最近、降雪があったことを知る。更にすすんで、三ノ又からは斜度が増してくる。ここからしばらく谷はデブリで覆われており、デブリを越えたあたりで、アイゼンを装着した。昨日のトレースを覆うデブリは、昨日の遅い時間帯に雪崩があったことを示していた。今日は、昨日よりも気温が高まると予想されており、雪崩が生じる危険性は昨日よりも高い。早い時間帯に下山することとし、先を急いだ。

Dsc_05851_2

(三ノ又手前)

ところが、足がすすまない。雪が重く、足場が悪いせいもあるが、明らかにバテバテで力不足である。通常なら三ノ又から2時間足らずの行程を3時間ほどかけて頂上に到達した。

Dsc_06081

(剣岳方面)

頂上からは、剣岳、北方稜線の山々、後立山の山々が一望できる。すばらしい眺めである。12:00頃、コル直下の急な斜面を下降した。次々に後続の登山者が登ってくる。スキーヤーが多い。彼らが滑降を始める前に降ってしまいたい。小生のようなツボ足は逃げ足が遅く、雪崩から逃れることが容易ではない。先を急ぐ。

気温が高く、汗が噴き出してきた。ヘルメットが暑くてならない。雪も腐ってきており、重い雪に足が取られて、思うように足がすすまない。最後の登山者とすれ違ってしばらくゆくと、今朝通過したデブリ帯に突入する。気温が高く、デブリまでもが緩んで、軟らかいシャーベット状となっていた。

安全地帯まであと100mほどのところで、ドスンという大きな音に振り向くと、200-300mほど上部の斜面が大きく盛り上がっているのが見えた。雪崩である。左岸にむかって全力で走った。2度転倒し、その度、雪崩が間近に迫っているのを確認する。なんとか、左岸斜面によじ登った直後、足下を雪崩が通過していった。間近で雪崩を見たが、あのような重い雪に練り込まれたらとても助かるまい。谷全面を覆う大きな雪崩であった。

幸い、先行の登山者は安全地帯に達しており、後に互いの無事を確認した。以降、サクサク降って、14:00頃片貝山荘前、14:40頃駐車場にたどり着いた。

下山後は、魚津市の「金太郎温泉」で汗を流した。硫黄臭の強い、温泉らしい温泉である。良い湯であった。

追記:
今回のルートは技術的に特に難しいルートだとは思わない。条件が許せば、難なく頂上に到達できるだろう。ただし、避けがたい雪崩や落石の危険性が高く、スピードと判断力が必要なルートだと感じる。
また、今回、雪崩に巻き込まれなかったのは、たまたま「運が良かった」としか言いようがない。GPSのログを解析してみると、雪崩が生じたのは12:40頃であった。その時間、すでに雪のコンディションはかなり悪かった。このような気温が高い季節は、日中の早い時間帯でも雪崩が生じうる。

教訓:
①降雪後は毛勝谷(のような谷)に入ってはいけない。
 恐らく、当分、毛勝谷に入ることは無いと思うが、次に、この季節、毛勝山を登るとしたら、西北尾根から入り、雪稜歩きを楽しみたい。

②危険地帯を早く通過するスピード(登攀力)が必要。
 やはり、スピードと技術があれば、危険に遭遇するリスクは著しく減少する。若い時に基礎体力をもっと高めておくべきだった。

③もっと情報収集に力を入れるべき。
 林道の除雪状況など事前に情報を得ていれば、入山を早め、結果、今回の危険に遭遇しなかったかもしれない?リスクのある山行は、それなりに事前の研究が必要。

④引き返すべきであったかも再考
 今後の山行に活かしたい。経験値は高まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

別山・雄山・奧大日岳など:雷鳥沢を起点にぐるりん

2010年5月1~3日

今年のゴールデンウイークは、すばらしく天気が良いらしい。仕事もうまく調整できて、じっくり楽しめる連休となった。ただし、今シーズンはブランクが長く、体が出来ていない。大きな負荷には耐えられそうもない。と言うわけで、先週に続いて立山に入山し、雷鳥沢に幕営して周辺の山々を楽しんだ。

5月1日
6:00前には立山駅に着いたが、混雑+ルートの除雪作業のため、ケーブルに乗れたのは8:45頃であった。室堂はすでに大変な人出である。前日降った雪に、新たなシュプールを刻むべく,、多くのスキーヤー(スノーボーダー)が列をなし、山々に登ってゆく。

Dsc_02921

(浄土山に登るスキーヤーたち)

今回の幕営装備は60Lザックには収まりきらず、これに28Lザックをタンデムに背負うことになり、重々しい装備となった。パッキングが下手で、しかも余計な装備が多いのである。雷鳥沢が近いこともあって、重量を気にせず詰め込んだのが、最終日、大いに苦しむことになる。

雷鳥沢に幕営後、室堂乗越に取り付いたのは午後になってからである。当初の予定では、本日のうちに奧大日岳に登頂する予定であったが、出遅れて時間に余裕が無い上、雪が腐ってきており、モチベーションが上がらなかった。幾つかの小ピークを越えた時点で引き返すことにした。

Dsc_03451

(大日岳へと向かう尾根)

室堂乗越付近から立山川に向かって何人かのスキーヤーが次々に雪崩を引き起こしながらドロップして行った。先に降りた一人が雪崩に巻き込まれていた。アドベンチャーである。真似が出来ない。

テント泊は寒さが心配であったが、夏用シュラフ(モンベル#4と#3)の二枚重ね、シュラフカバー、厚着でぐっすり眠ることができた。

5月2日

6:00に出発、別山乗越を目指す。稜線からは剣沢とその向こうに剣岳を望むことができる。写真撮影に時間が取られる。別山から剣岳をズームで撮影し、拡大して見ると、別山尾根ばかりでなく源次郎尾根、八ツ峰にも登山者が取り付いているのが分かる。

Dsc_04161

(源次郎尾根と八ツ峰、登山者が見える。9:00撮影)

真砂岳の付近は、いつ来ても風が強い。寒くなったので、グローブを厚手のものと取り替えた。富士ノ折立では東壁を登るクライマーを眺めながら雪壁を登ってゆく。トレーニングのため、難しいルートを選んでみる。面白い。雪山シーズンの最初にやるべき作業なのだが・・・。

Dsc_04331

(富士ノ折立と剣岳遠景)

大汝山周辺で小一時間遊んでから降ることにする。雄山は西側を巻いてゆくトレースがあったが、社裏の壁をガシガシと直登してみる。

一ノ越山荘で缶ビールを購入し、雷鳥沢に向けて一直線で降って行く。途中、眺めの良い場所で大休止、ビールがうまい。来て良かったとしみじみ思うのであった。

Dsc_04551

Dsc_04721

(幕営地と奥大日岳)

しかし、あんなにいたスキーヤーはどこに行ったのだろう。

Dsc_04891

Dsc_05181

(日は暮れてゆく)

5月3日

6:10に出発、もはや山は踏み後だらけである。正しいトレースなど無いに等しい。適当に、取り付いて稜線を進んで行く。奧大日岳稜線は雪庇の発達が著しい。シュルントも口を開けている。その谷側を選んで進んでゆく、8:15に奧大日岳に到着。振り返ると、立派な雪庇の側を歩いて来たのが分かる。

Dsc_05451

(奧大日岳の雪庇と立山)

降りるのは勿体ないが、雪が緩む前にと降ってしまう。

幕営地では2時間以上もかけて撤収作業を楽しんだ。良いお天気で、装備一式、みんな乾いて気持ちが良い。もう一泊したい。けど、明日もこんなお天気とは限らない。

装備が重く、室堂平までの登りが苦難の道のりであった。(ここに来るたび言っている)

室堂ターミナルは大変な混雑であった。バス待ちの最後尾は、3階まで届きそうである。じっと耐えて、16:00前に立山駅にたどり着いた。下山後は改称「グランドサンピア立山」で温泉を頂いた。

最後に感想:

①天候に恵まれた実に良い山行でした。のんびり歩くのも良いねえ。

②デジイチを首からぶら下げて歩いたが、はっきり言って邪魔である。

③若い登山者よりもベテラン登山者の方が、マナーが悪い場合が多い。

④雷鳥沢幕営地では、便所で小便してほしい(水洗トイレがあるよ)。周辺に痕跡多数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »