« GPS・あまり使うことがないのが正しい | トップページ | 浄土山:正味3時間の雪山散策 »

2010年4月 7日 (水)

木曽駒ヶ岳・カリカリのリベンジ

2010年4月4日

昨年、惜しくも敗退した雪の木曽駒ヶ岳に再び訪れた。
3月に一度黄砂が降ったものの、その後、新しい雪が降ってくれたおかげで、純白の雪を楽しむことができた。ただし、数日前には雨が降ったらしく、シュカブラや海老の尻尾などの造形を見ることはできなかった。さらに、一度雨で融けた斜面は、カリカリに凍っており、所により、緊張を強いられた。アックスを2本携行したのは正解であった。

それでも、木曽駒ヶ岳頂上から、北アルプスなど遠くの山々を眺めていると、徐々にデトックスされてゆくのを感じることができた。

当初は、宝剣岳にも立ち寄る予定であったが、安全に登る自信が持てなかった。今日は、ビレイが必要な状況と判断し、無理せずに引き返すことにした。

Dsc_00301

Dsc_00381

Dsc_00851

Dsc_01081

帰りの千畳敷カール、最初、足場が悪く、慎重に降ったが、途中からは尻セードで一気に下までたどり着いた。13時前のケーブルに搭乗してから、降りてしまうのは実に勿体ないことに気がついた。

下山後は「こぶしの湯」でお風呂を頂いた。にごり湯好きな小生にとっては、あっさりしたお湯でした。

|

« GPS・あまり使うことがないのが正しい | トップページ | 浄土山:正味3時間の雪山散策 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/48026050

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽駒ヶ岳・カリカリのリベンジ:

« GPS・あまり使うことがないのが正しい | トップページ | 浄土山:正味3時間の雪山散策 »