« 木曽駒ヶ岳・カリカリのリベンジ | トップページ | 別山・雄山・奧大日岳など:雷鳥沢を起点にぐるりん »

2010年4月30日 (金)

浄土山:正味3時間の雪山散策

2010年4月24日

浄土山

混雑のため、立山駅始発のケーブルには乗ることができず、室堂を出発したのは9:00丁度であった。今月は木曽駒ヶ岳に続いて、交通機関をフルに活用しての雪山散策である。平地では晴れていたのだが、稜線付近は時より雪の降るあいにくの天候であった。
光がさす瞬間に写真を撮りながら、のんびりと進んでいく。

Dsc_02261

室堂山から浄土山への急な登りをアイゼンを効かせ登っていると、側をMSRを履いたスノーボーダーが追い越してゆく。スノーシューって思ったより使える代物なのですね。
稜線上は完全なホワイトアウトで、ここで生まれて初めてGPSのお世話になりました。龍王岳の取り付きで、晴れるのをしばらく待ったが、ガスで登るべきルートが定まらない。条件の良いときに出直すこととし、一ノ越へと降り始めると晴れ間が広がってきた。こんなものである。

Dsc_02501

Dsc_02751

こだわりは無かったので、写真を撮りながらサクサクと降って行く。雪の舞う中、昼食のパンを食べ、室堂発のバスに乗車したのは13:00であった。もう少し、ノンビリすべきだったかなあ。
下山後は有峰口近くの白樺ハイツで温泉を頂いた。あまり立ち寄ることのない施設である。もっと、宣伝すべきだと感じる。なお、本年は有峰林道小見線の開通の見通しが立たないとのこと(小口川線は可)、折立行きのバスはどうなるのだろう。飛騨側からもバスを入れてくれないかなあ(利用する人多いと思うけど)。

|

« 木曽駒ヶ岳・カリカリのリベンジ | トップページ | 別山・雄山・奧大日岳など:雷鳥沢を起点にぐるりん »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/48278004

この記事へのトラックバック一覧です: 浄土山:正味3時間の雪山散策:

« 木曽駒ヶ岳・カリカリのリベンジ | トップページ | 別山・雄山・奧大日岳など:雷鳥沢を起点にぐるりん »