« 籾糠山・紅葉とブナのハイキング | トップページ | 小佐波御前山・落ち葉の絨毯が心地よい »

2009年10月27日 (火)

無線従事者免許証の再発行・簡単であった

携帯電話の普及にともない、無線のアンテナを付けた自動車を見かけなくなった。そういう小生も、かつてはアマチュア無線の免許を取って、開局していたことがあったのだが、知らない人と話すのが苦手で、それほど使うこともなく、やがて無線局免許の更新を怠ってコールサインを失ってしまった。所有していた無線機も全て知人に譲ってしまい、すっかり無線のことなど忘れていた。
ところが最近になって、色々考えることがあり、再度、使える体制だけは整えておこうと思ったのだが、どうやら「無線従事者免許証」を処分してしまったらしく、見つけることができない。
ただし、ネットで調べてみると、思ったより簡単に再発行できそうなので、やってみることにした。

総務省のホームページ
http://www.tele.soumu.go.jp/j/download/radioope/index.htm
から「無線従事者免許再交付申請書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、2200円分の収入印紙、顔写真を貼り付け、切手を貼った返信用封筒を同封して、先に免許を受給した総合通信局へ送付するだけである。なお、「住民基本台帳コード」を記入する欄があり。

これを投函したところ、新しい無線従事者免許証が9日後に届いた。1ヶ月ほどかかると思っていたので、素早い対応にビックリである。免許証を見ると、どうやら17年前に免許を取得していたようです。現在の資格は、「電話級」ではなく「第四級」のアマチュア無線技師です。

この後のことは、もう少し調査・研究をすすめてから決めたいと思います。

|

« 籾糠山・紅葉とブナのハイキング | トップページ | 小佐波御前山・落ち葉の絨毯が心地よい »

道具」カテゴリの記事

コメント

始めまして

こんな1年も前の記事にコメントしても見て戴けないかもと思いましたが、免許証の再発行申請で参考にさせて戴き、事後承諾で申し訳無いのですがリンク貼ってしまいました、申請は全く貴方様と同じような感じで、果たして局免まで行けるかどうか不明なのですが、免許証が無いんじゃ始まらないと申請した次第です。


運転免許も返納してしまったので、林道走破も昔の幻になり、「低山徘徊」も夢になりました、夜叉神峠から見た北岳など30年以上も昔の事になってしまいました、今は専ら地図上で「キルビメーター」で遊んで居ます。

見学レポート - 社会科見学に行こう! http://kengaku.org/modules/newbb8/viewtopic.php?topic_id=99&forum=1

この発電所が計画される以前、何にも無い頃に普通車で走破した時に遙か谷底に車が転がってるのを見てヒヤリした事も有りました。
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E138.54.43.9N35.40.0.4&ZM=7

貴方様が行かれる山は専ら地図上で眺めるだけですが、それでも「山渓シリーズ」で行った積もりになったものです。

そんな訳でお礼旁々一筆啓上でした。

投稿: ゆきずり | 2010年12月22日 (水) 00時28分

ゆきずり様

コメントありがとうございます。
その後、未だ小生は開局の申請をしておりません。ず~っと様子を見ている状況です(苦笑)。

以前出入りしていた無線専門店は、今ではPC専門店へと変化しつつあり、店に据え置きの無線で傍受を試みましたが、界隈はし~んとした状況でありました。昔のように押し合いへし合いするような活気はありません。さみしい。
はたして、山から非常交信を求めても、応じてくれる方がいるかどうか?不安を感じます。

ただし、以前のハンディ無線機は、山に持参するには正直お荷物でしたが、今のはとっても小さくて、これなら普段から持ち歩いてもいいと思いました。

投稿: Shuntasan | 2010年12月23日 (木) 09時22分

2009/1の「縞枯山」見てて懐かしく思いました、時期は遙か昔なんで、全然ずれちゃうけど、茅野から麦草峠に車を置いて、「白駒池」まで足を伸ばし、散々昼寝などして、地図の上では八千穂高原から「雨池」の脇を通って大河原峠に抜けられるようなので、一丁行ってみょかと乗り入れたはいいが、Bushなんてもんじゃない、道の存在さえ見つからない位、それでも頑張って雨池のそばまで行ってDown、Uターンするとこが無くて延々Backでどの位だったか2Km近くBack走行でクビが痛くなった記憶が鮮明に残ってます、まぁ無謀ですよね、本来山登りコースを車で行こうってのは嫌われる訳です(笑)

固定でアローラインでもベランダに付くかなとよくよく見たら69KVの高圧線がすぐ傍を通ってる、無線の事を考えもしなかったので毎日見てても気にもしなかった、でもいざアンテナをなんて考えたら、こりゃちと無理だわいってとこ、25mくらいしか離れて無い、参った。

年明けに免許証が来たら再考です。

投稿: ゆきずり | 2010年12月31日 (金) 02時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/46599608

この記事へのトラックバック一覧です: 無線従事者免許証の再発行・簡単であった:

« 籾糠山・紅葉とブナのハイキング | トップページ | 小佐波御前山・落ち葉の絨毯が心地よい »