« 人形山-三ヶ辻山・五箇山の山の山 | トップページ | 無線従事者免許証の再発行・簡単であった »

2009年10月19日 (月)

籾糠山・紅葉とブナのハイキング

籾糠山
2009/10/18

20年ほど前、各地の山中を車やバイクで走り回っていた若かりし頃、紅葉のあまり美しさに速度を緩めた経験がある。それが、安房峠とここ天生峠である。当時も、天生峠にこんな大きな駐車場があっただろうか?記憶に無い。
この駐車場が籾糠山の登山口である。協力金(入山料?)500円を支払い、6:40に出発した。よく整備された道である。天生湿原を抜けたあと、籾糠山へ向かうには「ブナ探勝路」、「カラ谷登山道」、「木平探勝路」の3つのルートがある。なりゆきで、往路は「カラ谷」、復路は「木平」を選定した。カラ谷はブナに混じって立派なカツラの巨木が林立しており、幽玄な雰囲気を醸し出している。ブナの原生林も、悠々の時の流れを感じさせる。谷から右手に登ってゆく。やがて、オオシラビソの森を抜け、8:15に頂上に到着した。未だ時間が早く、ほかに登山者はいないと思っていたが、すでに頂上には20名ほどの登山者が休憩していた。
来た道を戻り、次に木平湿原へと向かった。ここは、実に見事なブナとダケカンバの原生林であった。ダケカンバもブナに負けない大きさである。感心しきりである。ここには雪のある季節にまた来てみたい。
大勢の登山者とすれ違いながら、10:00に登山口に戻った。駐車場は一杯であった。
今日は、先週痛めた左膝の調子が悪く。痛みをこらえながらのつらい降りであった。一週間ぐらいで、膝は完治しないことが分かった。
山の紅葉は、後半戦といった状況であった。次回に期待したい。なお、道はよく整備されており、ハイキングにピッタリの山である。ただし、濡れた木道や木枠は滑るので注意が必要である。

下山後は最寄りの「白川郷の湯」に立ち寄った。よいお湯でした。

P10109021

(立派なダケカンバである)

P10109081

(天生湿原の紅葉)

P10109031

(ストックと落ち葉たち)

|

« 人形山-三ヶ辻山・五箇山の山の山 | トップページ | 無線従事者免許証の再発行・簡単であった »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/46517244

この記事へのトラックバック一覧です: 籾糠山・紅葉とブナのハイキング:

« 人形山-三ヶ辻山・五箇山の山の山 | トップページ | 無線従事者免許証の再発行・簡単であった »