« 北岳バットレス・第四尾根主稜から頂上に | トップページ | 羽黒山・スピリチュアルな空間 »

2009年8月23日 (日)

鍬崎山・下山して登山靴を洗う

鍬崎山
2009/08/16

今年の梅雨はかなり本格的で、ひと月ほど山に行けない日が続いている。天候不順で、お米の実りも悪そうだ。

運動不足で、足腰は鈍っている。久しぶりに晴れそうな日曜日、トレーニング山行をと考えて選んだのが鍬崎山だ。しばらく雨が続いたので、沢を渡るようなコースは避けたかった。ゴンドラリフトを使った尾根歩きのこのコースなら問題ないだろう。6:00の始発のリフトに乗って、登山口を出発したのは6:15。ブナの林を進んでゆく。瀬戸蔵山、大品山と尾根道を進んでゆく。
大品山から先は少し藪がうるさく、半ズボンで来たことを後悔する。とは言っても、長ズボンの他の登山者は朝露でズボンがずぶ濡れであった。鍬崎山頂上には、9:15に到着だ。ここからは、立山カルデラを一望できる。砂防工事にこれほど人の手が入っているとは思っていなかった。また、ここから見ると弥陀ヶ原が北側に大きく傾斜していることがよく分かる。

20分ほど休憩して、来た道を戻る。ぬかるんだ登山道は滑りやすく、思ったようにスピードが上がらない。ゆっくり降りることにする。瀬戸蔵山のベンチで昼食をとって、登山口に着いたのは12:40であった。リフト頂上駅で泥だらけの登山靴を洗えたのは良かった。リフト券売り場で下山の報告をすると、ウエルサンピアの入浴割引券がもらえる。一風呂あびて帰宅した。

ひさしぶりの山行で筋肉痛である。この山は、危ない場所が少なく、トレーニングに丁度良いコースである。ただ、真夏に登るには、ちと暑い。冬は厳しく、人を拒む。新緑あるいは紅葉の季節が気持ちよいと予想される。また、来ます。

P10105711_2

|

« 北岳バットレス・第四尾根主稜から頂上に | トップページ | 羽黒山・スピリチュアルな空間 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/46011162

この記事へのトラックバック一覧です: 鍬崎山・下山して登山靴を洗う:

« 北岳バットレス・第四尾根主稜から頂上に | トップページ | 羽黒山・スピリチュアルな空間 »