« ザック25L(失敗例) | トップページ | 焼岳・北峰の標高っていくつ »

2009年6月 7日 (日)

雨飾山・シラネアオイに会いに行く

2009/06/07

シラネアオイの季節である。20年以上も前に、日光白根山で見て以来、お目にかかったことがない。ニホンジカによる食害のため、今では白根山で見ることができないらしい。久しぶりに、あの清楚な姿を見てみたい。山は高妻山にするか雨飾山にするか、最後まで悩んでいたが、体力と相談し、行程の短い雨飾山を選ぶこととなった。

6:30に雨飾高原キャンプ場登山口を出発し、気持ちの良いブナ林を抜けてゆくと、1時間弱で荒菅沢に着く。ここは、未だ雪が残っており、最初のトラバースでは少々緊張するが、ステップが切ってあるので問題なく通過できる。年によってはアイゼンがいるかもしれない。ここから、急な尾根道を上り、笹平の手前あたりから、シラネアオイを見ることができる。予想よりも開花がすすんでおり、今が見ごろとなっていた。頂上には9:00頃に到着、ガスがかかっており視界が悪い。
今回は、シラネアオイが課題だったので、目的は十分に達成された。早々に下山を開始する。昨年痛めた膝を気遣いながらも、ぐんぐん降って行く。ブナ平で昼食をとって、登山口に着いたのは11:40であった。
さて、もう一つの課題である温泉に直行だ。車で少し下ったところに、露天風呂がある。料金はカンパ制である。とても気持ちの良いお湯にどっぷりと漬かる。が、頭が洗えない。どうしても石けんを使いたいので、もう一軒、行くことにする。道の駅小谷にある「深山の湯」に転進だ。ここも良いお湯でした。満足。

P10104041

P10104071

|

« ザック25L(失敗例) | トップページ | 焼岳・北峰の標高っていくつ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザック25L(失敗例) | トップページ | 焼岳・北峰の標高っていくつ »