« 金剛堂山・立派な方位盤 | トップページ | 御嶽山・神社の境内が頂上だ »

2009年6月27日 (土)

僧ヶ岳・駒ヶ岳、ここって良い山じゃない

2009/06/27
僧ヶ岳・駒ヶ岳

宇奈月から林道に入り、登山口へと向かったが、途中で崩落箇所があって通行止めとなっていた。いきなり、林道で敗退かと思ったが、GPSで調べてみると宇奈月尾根第二登山口までは歩いてすぐの場所であった。路肩のスペースに駐車して、6:30に出発した。

まだ、今年は人があまり入っていないのだろう。人が通った痕跡が少ない。堆積した落ち葉を踏みしめ高度を稼いでゆく。部分的に残雪が残っている場所まで登ってくると、随所でシラネアオイを見ることができる。昨年まで居た職場は6月が非常に忙しく、山に来ることが出来なかった。このため、ずっとシラネアオイを見ることができなかった。今日はこれだけでも満足だ。

雪渓が残る分岐点をやや右に曲がって直上すると、やがて風衝草原となり、1855m僧ヶ岳頂上には9:30に到着した。20分ほど休憩して、駒ヶ岳へと向かう。少し下って登り返すのだが、その尾根筋から見る風景が誠にすばらしい。右手には毛勝岳が鎮座し、その陰から少しずつ剣岳が姿を現してくる。左手には白馬岳、鹿島槍ヶ岳などの後立山のやまなみを見ることができる。2002m駒ヶ岳頂上には11:10に到着した。昼食を取って、僧ヶ岳へと戻る。バテてしまい帰りの方が時間がかかってしまった。後はずんずん降って、15:10に駐車場所に戻った。

この時期、所々雪が残っており(通行上問題は無かった)、アクセントを与えてくれる。花もきれいだ。山は変化に富んでおり、そこらにある○名山にひけをとらない。大変良い山である。時間が許せば駒ヶ岳まで足を伸ばされることをお勧めする。

下山後は、宇奈月ダム湖の畔にある「とちの湯」に立ち寄った。ちょっと行きにくい場所ですね。

P10104831

P10104961

Kekatsuru1

|

« 金剛堂山・立派な方位盤 | トップページ | 御嶽山・神社の境内が頂上だ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/45469552

この記事へのトラックバック一覧です: 僧ヶ岳・駒ヶ岳、ここって良い山じゃない:

« 金剛堂山・立派な方位盤 | トップページ | 御嶽山・神社の境内が頂上だ »