« 雨飾山・シラネアオイに会いに行く | トップページ | 金剛堂山・立派な方位盤 »

2009年6月14日 (日)

焼岳・北峰の標高っていくつ

2009/06/14
焼岳

中ノ湯温泉の少し上にある登山口に着いたのは5:40、すでに駐車スペースは残り少なくなっていた。6:00に出発し、気持ちの良い樹林帯を登ってゆく。今日は、熊鈴を付けてみた。山には静けさを求めに行くので、あの凛としたした静けさを味わえないのは誠につまらない。結局、途中からはずしてしまった。ただ、山野井さんが熊に襲われてから、少しは熊対策を気にとめるようになった。静かな山ほど、注意が必要なのだろう。
出発して1時間ほどで下堀出会に辿り着いた。ただし、そこから上部はガスがかかっており、視界が悪い。ガスの中を登ってゆく。ガレた岩場が続くが足場は悪くない。今日は、雪の状態が分からなかったので、念のためにピッケルとアイゼンを持参したが、使う場面は無かった。
コルから右手に進んで北峰頂上に着いたのが8:10であった。ガスで全く視界がきかない。残念である。20分ほど休憩して、早々に下山を開始した。ずんずん下って、登山口には10:10に到着した。

さて、少し気になることがある。頂上の道標には北峰の標高が2,393mと記してある。山と渓谷社の新・分県登山ガイド「長野県の山」「岐阜県の山」でも同様に2,393mとある。ネット上でもこの数値を採用されている方がほとんどだ。この数値は、恐らく国土地理院の25,000分の1地図から引用したのだろうが、この地図が示している2,393mの点は北峰の場所ではなく、北西側に少しずれた場所を指しているように見える。本当に北峰と南峰との標高差は62mもあるのだろうか?この点、視界が悪くて確認できなかった。そうそう、昭文社の山と高原地図「槍ヶ岳・穂高岳」では、北峰の標高が2444.3mになっている。こちらの方が、正しいように感じる。確認が必要だ。

下山後は、中ノ湯温泉へ向かったが、お風呂の解放は12:00以降とのこと、あきらめて平湯の「ひらゆの森」へと向かった。ここのお湯はいつ来ても大変良い。おすすめですね。
P10104171

P10104211

|

« 雨飾山・シラネアオイに会いに行く | トップページ | 金剛堂山・立派な方位盤 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨飾山・シラネアオイに会いに行く | トップページ | 金剛堂山・立派な方位盤 »