« 焼岳・北峰の標高っていくつ | トップページ | 僧ヶ岳・駒ヶ岳、ここって良い山じゃない »

2009年6月20日 (土)

金剛堂山・立派な方位盤

2009/06/20
金剛堂山

出遅れてしまい、栃谷登山口を出発したのは10:05であった。百瀬川を渡って、栃谷の沢沿いを登っていく、気持ちのよい樹林帯だ。高度を上げていくとやがてブナ林の尾根道となる。雰囲気の良い場所だったが、残念ながらその先は低い灌木が生い茂る見通しの良くない尾根道が続く。時より白山や白木峰を望むことができる。頂上の前金剛には12:05に到着だ。頂上には、祠のほかに立派な方位盤が設置されている。恐らく、全国の山頂にある方位盤の中でも最大級のものであろう。ここが国立公園内であったら設置は許されてないと思う。

この先の風衝草原を抜けて、最高峰1650mの中金剛に辿り着く。ここで、おにぎりを食べて、12:45には下山を開始した。単独登山なので当然なのだが、黙々(無口に)と下山して登山口に着いたのは14:20であった。

この季節になると、さすがに蒸し暑い。これから低山ならば、半ズボンでもよいかもしれない。そろそろ、虫除けなどの対策も必要か?
下山後は近くの天竺温泉の郷でお風呂を頂いた。お湯は良かったが、温泉ロビーに大きな青い裸婦の絵があった。小生に芸術センスが無いのかもしれないが、小生が持つ利賀のイメージに反するものであった。

P10104351

P10104431

P10104471

|

« 焼岳・北峰の標高っていくつ | トップページ | 僧ヶ岳・駒ヶ岳、ここって良い山じゃない »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/45399082

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛堂山・立派な方位盤:

« 焼岳・北峰の標高っていくつ | トップページ | 僧ヶ岳・駒ヶ岳、ここって良い山じゃない »