« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の4件の記事

2009年6月27日 (土)

僧ヶ岳・駒ヶ岳、ここって良い山じゃない

2009/06/27
僧ヶ岳・駒ヶ岳

宇奈月から林道に入り、登山口へと向かったが、途中で崩落箇所があって通行止めとなっていた。いきなり、林道で敗退かと思ったが、GPSで調べてみると宇奈月尾根第二登山口までは歩いてすぐの場所であった。路肩のスペースに駐車して、6:30に出発した。

まだ、今年は人があまり入っていないのだろう。人が通った痕跡が少ない。堆積した落ち葉を踏みしめ高度を稼いでゆく。部分的に残雪が残っている場所まで登ってくると、随所でシラネアオイを見ることができる。昨年まで居た職場は6月が非常に忙しく、山に来ることが出来なかった。このため、ずっとシラネアオイを見ることができなかった。今日はこれだけでも満足だ。

雪渓が残る分岐点をやや右に曲がって直上すると、やがて風衝草原となり、1855m僧ヶ岳頂上には9:30に到着した。20分ほど休憩して、駒ヶ岳へと向かう。少し下って登り返すのだが、その尾根筋から見る風景が誠にすばらしい。右手には毛勝岳が鎮座し、その陰から少しずつ剣岳が姿を現してくる。左手には白馬岳、鹿島槍ヶ岳などの後立山のやまなみを見ることができる。2002m駒ヶ岳頂上には11:10に到着した。昼食を取って、僧ヶ岳へと戻る。バテてしまい帰りの方が時間がかかってしまった。後はずんずん降って、15:10に駐車場所に戻った。

この時期、所々雪が残っており(通行上問題は無かった)、アクセントを与えてくれる。花もきれいだ。山は変化に富んでおり、そこらにある○名山にひけをとらない。大変良い山である。時間が許せば駒ヶ岳まで足を伸ばされることをお勧めする。

下山後は、宇奈月ダム湖の畔にある「とちの湯」に立ち寄った。ちょっと行きにくい場所ですね。

P10104831

P10104961

Kekatsuru1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

金剛堂山・立派な方位盤

2009/06/20
金剛堂山

出遅れてしまい、栃谷登山口を出発したのは10:05であった。百瀬川を渡って、栃谷の沢沿いを登っていく、気持ちのよい樹林帯だ。高度を上げていくとやがてブナ林の尾根道となる。雰囲気の良い場所だったが、残念ながらその先は低い灌木が生い茂る見通しの良くない尾根道が続く。時より白山や白木峰を望むことができる。頂上の前金剛には12:05に到着だ。頂上には、祠のほかに立派な方位盤が設置されている。恐らく、全国の山頂にある方位盤の中でも最大級のものであろう。ここが国立公園内であったら設置は許されてないと思う。

この先の風衝草原を抜けて、最高峰1650mの中金剛に辿り着く。ここで、おにぎりを食べて、12:45には下山を開始した。単独登山なので当然なのだが、黙々(無口に)と下山して登山口に着いたのは14:20であった。

この季節になると、さすがに蒸し暑い。これから低山ならば、半ズボンでもよいかもしれない。そろそろ、虫除けなどの対策も必要か?
下山後は近くの天竺温泉の郷でお風呂を頂いた。お湯は良かったが、温泉ロビーに大きな青い裸婦の絵があった。小生に芸術センスが無いのかもしれないが、小生が持つ利賀のイメージに反するものであった。

P10104351

P10104431

P10104471

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

焼岳・北峰の標高っていくつ

2009/06/14
焼岳

中ノ湯温泉の少し上にある登山口に着いたのは5:40、すでに駐車スペースは残り少なくなっていた。6:00に出発し、気持ちの良い樹林帯を登ってゆく。今日は、熊鈴を付けてみた。山には静けさを求めに行くので、あの凛としたした静けさを味わえないのは誠につまらない。結局、途中からはずしてしまった。ただ、山野井さんが熊に襲われてから、少しは熊対策を気にとめるようになった。静かな山ほど、注意が必要なのだろう。
出発して1時間ほどで下堀出会に辿り着いた。ただし、そこから上部はガスがかかっており、視界が悪い。ガスの中を登ってゆく。ガレた岩場が続くが足場は悪くない。今日は、雪の状態が分からなかったので、念のためにピッケルとアイゼンを持参したが、使う場面は無かった。
コルから右手に進んで北峰頂上に着いたのが8:10であった。ガスで全く視界がきかない。残念である。20分ほど休憩して、早々に下山を開始した。ずんずん下って、登山口には10:10に到着した。

さて、少し気になることがある。頂上の道標には北峰の標高が2,393mと記してある。山と渓谷社の新・分県登山ガイド「長野県の山」「岐阜県の山」でも同様に2,393mとある。ネット上でもこの数値を採用されている方がほとんどだ。この数値は、恐らく国土地理院の25,000分の1地図から引用したのだろうが、この地図が示している2,393mの点は北峰の場所ではなく、北西側に少しずれた場所を指しているように見える。本当に北峰と南峰との標高差は62mもあるのだろうか?この点、視界が悪くて確認できなかった。そうそう、昭文社の山と高原地図「槍ヶ岳・穂高岳」では、北峰の標高が2444.3mになっている。こちらの方が、正しいように感じる。確認が必要だ。

下山後は、中ノ湯温泉へ向かったが、お風呂の解放は12:00以降とのこと、あきらめて平湯の「ひらゆの森」へと向かった。ここのお湯はいつ来ても大変良い。おすすめですね。
P10104171

P10104211

| | コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

雨飾山・シラネアオイに会いに行く

2009/06/07

シラネアオイの季節である。20年以上も前に、日光白根山で見て以来、お目にかかったことがない。ニホンジカによる食害のため、今では白根山で見ることができないらしい。久しぶりに、あの清楚な姿を見てみたい。山は高妻山にするか雨飾山にするか、最後まで悩んでいたが、体力と相談し、行程の短い雨飾山を選ぶこととなった。

6:30に雨飾高原キャンプ場登山口を出発し、気持ちの良いブナ林を抜けてゆくと、1時間弱で荒菅沢に着く。ここは、未だ雪が残っており、最初のトラバースでは少々緊張するが、ステップが切ってあるので問題なく通過できる。年によってはアイゼンがいるかもしれない。ここから、急な尾根道を上り、笹平の手前あたりから、シラネアオイを見ることができる。予想よりも開花がすすんでおり、今が見ごろとなっていた。頂上には9:00頃に到着、ガスがかかっており視界が悪い。
今回は、シラネアオイが課題だったので、目的は十分に達成された。早々に下山を開始する。昨年痛めた膝を気遣いながらも、ぐんぐん降って行く。ブナ平で昼食をとって、登山口に着いたのは11:40であった。
さて、もう一つの課題である温泉に直行だ。車で少し下ったところに、露天風呂がある。料金はカンパ制である。とても気持ちの良いお湯にどっぷりと漬かる。が、頭が洗えない。どうしても石けんを使いたいので、もう一軒、行くことにする。道の駅小谷にある「深山の湯」に転進だ。ここも良いお湯でした。満足。

P10104041

P10104071

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »