記録

山の記録を並べてみます。


2018年
10月 日向山島々谷 
   9月 (越後有妻)、籾糠山、 雲取山両神山
   8月 塩見岳雲ノ平霞沢岳   
   7月 尾瀬ヶ原鏡平
   6月 会津磐梯山・一切経山・安達太良山破風山   
  5月 池ケ原金剛堂山西天狗岳八経が岳・大台ケ原  
   4月 呉羽丘陵・大辻山 
   2月 蓼科山

2017年
  12月 荒船山硫黄岳・東天狗岳
 11月 恵那山・荒島岳
  10月 十石山・白山根子岳
   9月 根子岳槍ヶ岳・南岳北穂高岳
   8月 鳥海山権現岳草津白根山・笠ヶ岳   
   7月 甲武信ヶ岳尾瀬・燧ケ岳美ヶ原
   6月 岩菅山黒斑山巻機山明星山
   5月 金剛堂山高清水山・高落場山塔倉山、四阿山(根子岳)
   4月 唐松岳大辻山
   2月 西穂独標

2016年以前はこちら

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

島々谷:クラシックルート、歴史

1013

先般、霞沢岳に入った時、いずれ紅葉の季節に島々谷を遡上してみようと思っていた。

島々から入るクラシックルートは、一時、ずいぶん荒れたイメージがあったが、近年は橋の整備がすすんで入りやすくなったようだ(実際、歩きやすい道のり)。

また、アクセスが悪いと勝手に思いこんでいたが、島々まで自家用車で行き、帰りは上高地からは新島々(松本)行きのバスに乗って、安曇支所前で下車すれば、何ら問題はない。

前日に、役場(安曇支所)に電話して、役場駐車場の使用をお願いする(休日はOKらしい)。朝620に行動開始、熊鈴は集落をすぎてから装着。


しばらくは、島々谷川沿いの林道を歩く。途中、巨大な砂防ダム(第3)があって、もはやいかなる魚もこれを遡上できまい。
二俣から左へ行く、上高地へと向かう道は、かつては荷牛が通る道のりであったが、どこの山でもそうだが、沢は常に崩れているし、当時も部分的に難儀しただろう。


Img_7738

Img_7745

Img_7750

Img_7758

Img_7763

Img_7766

Img_7768






 

何度も、橋を渡る。かつては、流されるのを前提にした橋が多く、渡渉に難儀した話を聞いたが、今や基礎部分がスチール鋼の立派な橋ばかりで、これなら早々に流されはしまい。むしろ、沢は湿気っているので、木部の腐朽は早そうだ。

 

美しい、渓流を歩く。幾所にも、美しいゴルジュがあり、ウエストンの言うことは本当だ。側面からいくつも沢が流れ込んでいて、所々、道は流されている。そんな小さな渡渉も、長靴なのでモンダイナイ。

935、岩魚留小屋、20分ほど小休憩。ここから、徐々に傾斜が増してくる。

1,300mぐらいが紅葉の見ごろかな。谷全体でみれば、もみじの本番はこれから。

 

Img_7778

 

Img_7786

Img_7787

 

Img_7790

Img_7794 
Img_7799 

水は細くなり、谷をはずれて笹の道の急登を行く。徐々に、ペースが落ちてくる。しんどいのう。
12
40、徳本峠。多くの皆さんが小屋前でご歓談。楽しそうである。

しばし、長靴を脱いで休んだのち、明神へと下る。
Img_7819 

Img_7820 
河童橋に14:45、思ったほど人の入りはない。
ターミナルでは、売れ残った「河童のひるめし」が安売りをしていた。残念、気づく前に、食堂で定食っちまったよ。

 

整理券は、次のバスで、1600発。

英語の達者な美人スタッフが上手に人の流れをさばいていた。外国人客とともに、小生もさばかれてゆく。

バスからの車窓の風景は、いつもより視線が高く、新鮮な風景ばかりであった。アルピコの運転手、技術高い。

日も暮れたころ、平湯の森。ええ湯でした。

追記:昭文社の地図に記載のコースタイムは、島々から岩魚留小屋までは余裕たっぷりであるが、小屋から徳本峠までは、厳しい時間設定だと思う。

 

(水0.8L

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

日向山:雲を眺めた


リスクが高いなか、深い山に入る理由が見つからない。日本海を進むであろう、台風を避けて、甲信地区へ足を延ばした。

Img_7679


白峰三山に入るには時間が足らず、白州、日向山に入ってみる。ハイキングコースは、よく整備されていて、頂上まで1時間と少し。花崗岩の白い砂の山は、確かに一見の価値はあるけど、どうせなら鳳凰山オベリスクを目指したほうが、面白いと思う。

Img_7689

(日向山から見た八ヶ岳)


Img_7684


その先、鞍掛山まで進むのは何だか面倒な気がして、引き返すことにした。
空の雲は、台風一過の雲と秋の雲がミックス。ピンボケ雲。

下山後、10時開場の尾白の湯を頂戴する。その後、フォッサマグナに沿って北上する。

Img_7692

Img_7696

北アルプス北部ほど、紅葉はすすんでいる。
明日は、白馬へと思っていたが雨雲が取れない。

Img_7715


糸魚川のしっとりとした山を眺め、帰ることを選んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

両神山:夕日がまぶしかったから

923

前日、テント泊装備を整え、食料を買いながら行く先を考え、西に向かって走り出した。雲の多い一日だったが、ふと真正面の雲の切れ間から太陽が顔を出し、メガクラム。県西部の未踏の山域を考えていたが、そのまま、走り続けるのをやめ、飛騨方面に方針を転換する。いつもながら、柔軟というか適当というか、風の吹くまま。理由は、その程度のこと。よく言えば、直観。

神岡からは、月を見上げながら、走行する。

Img_7632

 

(奥飛騨の月)

このまま、槍穂高に入るのも良いが、できれば来週以降の紅葉の時期に入りたい。

松本に抜け、間ノ岳ピストンと秩父の2者に候補を絞り、その後、関東の友人との一献もよかろうと佐久へと抜ける。うまく友人と、連絡が取れて23日は、下山後に落ち合うことになった。

両神山の登山口へのナビは、小海からぶどう峠を越えよという。人里離れた山深き細い道を行く。どう考えても、下仁田に抜けた方が早かったのではないかと思うが、もはや行くしかない。登山口まで8時間ほどの道のり、疲れました。

Img_7636


(霞むぶどう峠の月)


朝、6時ごろに出発、頂上まで3時間ほど、下山に2時間と少し、最寄りの温泉に浸かったのは正午丁度であった。

 

Img_7642

 

Img_7648

 

Img_7651

Img_7658

Img_7663

Img_7669

Img_7674

 

下山後は、高崎に宿泊し、古い友人と飲み歩きながら、よい時間を過ごした。夕日がまぶしいと、こんな出会いもある。

帰路は、一般道を下仁田から佐久に抜け、荒船山を見上げたり、佐久の千曲川と田園風景を眺めたりした。布施温泉で、良いお湯を頂戴し、白壁と瓦屋根に統一された、布施地域の風情を楽しんだ。

八ヶ岳山麓は、谷筋によって、それぞれ風情が違う。利水や日照の条件はもとより、それぞれの歴史や文化があるのだろう。信州は多様だ。

望月宿から川沿いに下り、千曲川をこえて高速に乗った。長野で降り、白馬へぬけて高速料金を節約した。
いずれ、中山道をゆっくり歩いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

雲取山:遠く旅をするため

99
本年は秋雨前線が停滞して、雨の日が多い。南の暑さと北からの冷気が喧嘩して雨はいちいち激しい。お天気山は、奥多摩、秩父のみと読み取り、前日に甲斐に向かった。飛騨地方で、かなりの降雨があったようで、神通川のいくつかあるダム湖の水面は、いつもならば停滞しているが、その日は迫力のある流れとなっていた。
諏訪で夕食をとり、天気予報を確認して、雲取山へ行くことを決めた。

登山口の村営駐車場を540に出発。尾根沿いをゆく登山道は、途中まで、かつて山で暮らす人々の生活道で、その先も歩きやすい。ハイウエーのような道のりであった。


Img_20180909_090740

Img_20180909_091351


途中のピークを踏みながら、3時間半ほどで頂上に。東京、埼玉、山梨の県境のようである。三角点は山梨からずれているのか?

帰りは2時半ほど、歩きやすい道のり、丁度1140頃に駐車場に戻る。後から止めた車が邪魔で、出すのに難儀した。もっと予測して、停める場所を考えねば。

その後、蕎麦で昼食。
大菩薩嶺の登山口まで向かうが、急ぎ3時間ほどダッシュする気分になれず、偵察のみで撤退することにする。
下山してくる登山者の表情は、皆、明るい。楽しまれたようですね。いずれ、小生も。

その後、「ほったらかし温泉」で、富士と甲府盆地を眺めて、帰路についた。
周辺は、ブドウ畑ばかりであった。

努めて
一般道を走った。遠いけど、旅は嫌いではない。新しい経験をした。奥多摩の人々の暮らし、間伐された美しい杉林、山梨ではブドウ畑の高台を走りながら、甲府盆地や山々を眺め、韮崎から先は分水嶺を探りながら、信州に入った。
そして、夜の諏訪湖を眺めながら、フライドチキンを食す。

下山では足首、膝の古傷が痛んだ。山を走るのはムリかな。

股関節はしばらく忘れているものの、ごまかせないのを知っている。

ロキソニン必携。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後妻有:風土、文化、アート、地勢、食、生活、雪、縄文、水玉、棚田

92

本当は越後駒ケ岳を目指し、登山口まで行ったのだけど、朝、泣き出しそうな空を見上げながら、この山域ではスカッとしない感覚を覚え、方針転換して、かねてより気になって仕方がない津南町を目指した。天気予報は、コロコロかわる。この季節は、致し方なし。
しっとりした空気感の中、小出から十日町に抜け、稲穂が実る美しい田園風景を眺めながら、おいしいお米はこの風土があってこそだと思う。

海に近い平野部の、猛暑、酷暑、フェーンの痛みに耐えた稲とは少なからず様子が違う。

津南町は、かつて、秋山郷に入る際に通過してから、気になってしょうがない。柱状節理を見るなら、ここより中津川を遡上し、左岸の段差はもとより、鳥甲山、大岩山など眺めて飽きない。また、秋山郷はなぜか信州と越後に分断され、さらに中津川の上流は群馬県の野反湖という、行政区分がどうしてこんなことになったのかについて、想像も膨らむ。


話は逸れてしまったが、十日町と津南町をあわせた地域を、越後有妻と言うそうだ。ちょうど、この地域を舞台とした「大地の芸術祭」が開催されていて、日本の原風景とアートが融合するような空間が標榜されていた。

 



事前の情報もなく津南町を訪れ、JRの駅で少しばかりの情報を得て、地域の公的施設を巡ったりした。

 

Img_7527

Img_7530

そして、午前中から近くの温泉施設で良いお湯を頂戴する。越後川口からこのあたりにかけての温泉は、油臭が特徴。松之山温泉もそう。

 

 

その後、信州に抜けてブナの森を歩こうかと思っていたのだけど、新しい経験がしたくて十日町の山間地、松代へとハンドルを向けた。美人林やキョロロを訪れ、道草をしながら山間の棚田を繋ぎ、松苧でへぎ蕎麦を食し、再び十日町に戻った。
「キナーレ」で、アートを楽しみ、魚沼コシヒカリの食べ比べをした。魚沼コシも多様なり。

Img_7534

Img_20180902_130902



この地域全体を舞台とした創造への想いの確かさを知った。多くの人たちが域外から訪れ、クリエイター、アーティストたちが風土や文化を舞台に、表現することで自己実現を果たしていた。表現というのは、そのままを受け入れればよいので、あまり難しく考えてはいけない。

Img_7542

帰り道、再び松代に戻り、雨の中、傘をさしながら、雨に濡れる草間の水玉、棚田をゆく旅の若い人を眺めた。彼ら彼女らはがどう感じているのかは、分からないけれど、将来、彼らもどこかで「何か」を形作ってゆくのだろう。新しい価値かもしれぬし、共有される幸せかもしれない。特に、意味はない「何か」かもしれない。それで、良い。

 

Img_7565

Img_7571

かつては雪に閉ざされた地域、丁寧な所作でお米を栽培し、これを生活の糧としてきた。近頃の、酷暑、台風、水害、地震は、強く生き、助け合うことの大切さを教える。特別な「何か」ではなく、これはシンプルな「生きる」であるように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

霞沢岳:残された課題

秋雨前線の影響を受ける季節になり、これから9月いっぱいは、不安定な気象となる。

土日は、土曜の前半が雨で、日曜日のみ、お天気が期待できる予報であった。

そこで、午後から上高地に入り、小梨平でまったりとして、翌日に日帰りでピークを踏むことにした。

 

午後3時ごろ、上高地に入った。弁当「河童のひるめし」の安売りを期待していたが、品切れ、無念。幕営後、小梨平の食堂で夕食をとった。ここの生は「大ジョッキ」。

Img_7479

(水がきれいだね)

ここはテン場というより、キャンプ場で、様々な人たちが思い思いに楽しんでいる。

ただ、下山後の打ち上げは楽しいが、歩き足りないのではと思うくらいエネルギーが余っているのや、青年団的「オイオイオイ」の掛け声で盛り上がっているグループもいて、しばらくは眠れない。

おおよそ、本人の意識とは関係なく、オペラ歌手になる素養があるのではないかと思うくらい、声の通る人の声は、静かな森の中、100mは余裕でこだます。

 

朝は、5:30ごろに出発し、徳本峠に7:40、その後、樹林帯の尾根道を行くが、全体に足元が悪く、K1への登りで消耗する。

Img_7491

(徳本峠への登りから、ちらり明神)

Img_7498

(かつてはこの谷から、上高地へ)


10:20K1、その先は、ハイマツの稜線で、本当なら景色はよいのであろうが、今日はガスで視界は不良。いたるところにホシガラスの食事場あって、ほかの季節は何を食べているのか、心配になる。ただ、強い風の中、上空を滑空する姿はかっこいい。


Img_7505

(ハイマツの実を)

Img_7507

(ハイマツの稜線を行く)



頂上には1050、帰路のK1からジャンクションピークの間は、我慢の道のりであった。

Img_7513

(K1から見た頂上、左のピーク)



13:45徳本峠でコカ・コーラを調達し、あとはてくてくと下って、15:20ごろにテントに戻った。へとへとである。

Img_7520

Img_7521

(心地よい風が吹く)

急ぎ、テントを撤収し、ソフトクリームをほおばりながら、バス待ちの列に並ぶ。
雨が降り始める。
風はそれを知らせていた。

かねてよりいつかは霞沢岳へと思いながらの数十年。
朝一番に入れば、日帰りは可能なことは承知していたが、目的地にはならなかった。

周辺の山々に比べると致し方ないと思う。

>いずれ島々から入って、歴史を感じながら、明神へと抜けてみたいと思う。

かつては牛が峠を越えたのだろう、歩きやすい登山道を下りながら古き時代を想像したりした。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

雲ノ平:下山後もエトランジェ

大陸からの前線が南下し、寒気が入って大荒れの天候。

その後、涼しく、安定した天候が数日続くもの。
金曜は夏休みをとって、朝一番の富山駅発登山バスに乗った。
お盆休みから、カルデラに戻る工事車両の皆様とともに、バスは折立へ向かう。


近頃、テント装備の力がないので、装備は小屋泊まりに縮小した。


予定より、1時間ほど遅れたが、8時半に出発。

Img_7304

(アラレちゃんはくすんできた)

Img_7317

太郎まで1000mほど登るが、全体に緩やかな登りなので、気持ち良い登り。
初日、あまり飛ばさないよう留意しながらも、3時間強で、太郎小屋に着く。

小屋のネパールカレーを食す。実にうまい。



さて、3方向のどちらに行くか思案。


当初はスゴ乗越を予定していたのだけど、出発が少し遅れた。
五郎も同様。
夢ノ平は、薬師沢からの登り返しがどうもなあ・・・。
所要時間は、どれも大差ないし。



携帯が使えるのはここまで。さっさと、決めねば。


実に良い天気、雲ノ平と祖父岳がよう見える。その右に、ちらり北鎌独標。
嗚呼、雲ノ平がオラを呼んでいる。
雲ノ平山荘に予約の電話を入れ、太郎平小屋に登山届を提出して、出発ナリ。


その後は、雲ノ平に着いてからの判断。
力が溢れていれば、奥黒部ヒュッテ、無ければ新穂に下山。(極端な選択)

Img_7333


薬師沢小屋ではおいしい水を補給。
どこよりもうまい。
大昔は、便所臭い小屋だったけど、今やそんな小屋は少ない。

吊り橋を渡って、いよいよ雲ノ平への登り返し。
さほど標高差は無いが、岩や木の根が滑りやすい道で、少し神経を使う。
登りは1時間半ほどであったが、大きく体力を消耗した。


その後、小屋までの1時間ほどの道のりが遠い。

Img_7342

(五郎の小屋が見える場所は少ない。秩父岩の存在も)


小屋は比較的新しく、洒落た雰囲気。
プロの計画・設計を感じる。
そういえば、その昔、三俣でテン泊したとき、建設中だったな。
三脚マンさんを思い出す。


Img_7373_2

(三俣蓮華と笠ヶ岳)

Img_7371

(黒岳が近い)



翌朝
かなり冷え込んだ。9月中旬並み。

昨日、終盤のバテ様もあって、ゆっくり出発。

Img_7379

Img_7392
(高天原がよう見える。ずっと奥に大日岳)

Img_7406

(五郎のカール、たおやかな北ノ俣岳)

Img_7416_2

(鞍部に三俣の小屋、その向こうに槍・穂の山々)

黒部源流域を眺めるのに、祖父岳はエエとこです。

Img_7431

(ワリモ岳)

源流域に下る。

Img_7443

(コバイケイソウがぎょうさん咲いていたらしい)

Img_7454

Img_7461_2

Img_7466


どの小屋も混雑しているらしい。
混雑への免疫に乏しいので、ビールの誘惑を断ち切り、下山することに。

鏡平から足を速めた。

Img_7474

新穂高の高山行き最終に滑り込む。駅前に宿をとる。

Img_20180818_204024

高山は海外からの旅行客が多い。自分も旅の人。
夜風が気持ち良い。

ふらり、きままな山旅であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

塩見岳:カラマツの森、赤石山脈の山々

遠いという理由だけで、南アルプスに訪れることが少ない。
そして、奥深く、長大なルートは、「時間」という大きな壁が、遠ざけている。

若いころから、定年後に「時間」を得て、じっくり歩けばよいと考えていたが、最近は、生涯働き続けることが必要な社会構造となってきて、あまり「時間」はなさそうだ。むしろ体力が必要な活動は、少しでも若いころにやっておくべきと考えている。

少し前、飛行機の窓から見下ろした南アルプスの山塊は、やたらと広大であった。
いずれ、この辺りと心に決めた。

一般道を正味5時間半ほど走ったが、寄り道や仮眠をとったりで、あまり苦にならない。
単独で自由なので、ざっくりの計画でかまわない。状況に応じて途中で帰っても良い。気ままな山の旅。



林道を30分ほど歩いて、鳥倉登山口から登り始める。前回と同様、あまりペースは上がらない。ただし、前日の雨の影響か、ひんやりとした空気が流れている。


Img_7207


初日は三伏峠まで。
歩き始めて、3時間半。思ったより時間がかかった。
14時に幕営、食事が喉を通らない。

夕方、激しい雷雨。かなりの強度。これまでの経験でもないほど。
ツエルトは水圧に耐えられず。
シュラフカバーに荷物とともにくるまって、ひたすら時間が経つのを待つ。

Img_7217

Img_7218
真上の水垂れは、細引きで誘導。


翌日は晴天。
5:00頃、塩見岳を目指す。

7:50塩見小屋、頂上には9:00。

Img_7245
間ノ岳(北岳がちらり)

Img_20180805_085801
この尾根を行くらしいが、遠いなあ。

Img_20180805_085735

Img_20180805_085712
南アルプス南部を荒川岳が隠している。


下山開始。
いくつかの登り返しではたびたび足が止まる。

Img_7270

(振り返り見た、塩見岳)

Img_7273

(三伏峠小屋)


12:30到着、撤収開始。

小屋でカレーを食す。喉を通らず、残す。
消化器系の不全。力がでないのもこのせいか。


15:50、車に戻る。

なぜか、林道は下りの方が時間がかかった。お疲れ様。

Img_20180805_165843

実に、良いお湯を頂戴した。

良い旅となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

鏡平:日帰り、猛暑とはいえ

 

 

 

畏れをもって山を歩いてきた。

 

自分自身と対話する時間でもあって、自分を映す鏡となる。良い山となるかは、自分自身の問題のように思う。

 

今一度、確認する。

 

 

 

駆け抜ける走力と技術があれば、それぞれの山がアトラクションの1つとして、これを突破してゆく楽しみもあろう。が、自分はあまりにも非力で、ちっぽけなものでしかない。謙虚に、純粋に山(自分)と対峙し、時には挑む。楽しむ。あるいは、溶け込んで、ただただ一体となる。これが、僕のスタイル。文字にすると面倒だが、実際にはそんな難しいことではない。

 

 

 

夜明け前の静寂、しっとりとした空気、原生林、雨の音、風のざわめき、陽に照らされた岩稜、空の青、雪の白、植物の緑、花々、雲の流れ、躍動、影、太陽の輝き、果てしない星空、宇宙・・・。

黙って、感じるだけ。





7月21日

車を走らせながら、プランを練る。
最初は南アルプスを想定していたが、この暑さ、そして何より南アは水場が少ない。

新穂高の最寄りの無料駐車場は、かつては余裕、その後、前夜10時まで、今では9時までに入らないと駐車スペースが確保できない。


何とか、ギリギリで間に合った。車中は暑く、寝付けない。

涼しいうちに距離を稼ごうと、3時半に行動開始。それでも暑いぞ。

Img_7165

ペースが上がらない、同じく暗い中、歩き始める足の速い連中にガシガシ追い越されてゆく。もはや、自分は彼らの世代ではないのだ。

Img_7173

間もなく、陽が射してくる。

Img_7180

Img_7192

Img_7193

Img_7198


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

尾瀬:空間と柔軟な時間の流れを楽しみに

仲間たちと尾瀬に入った。

山の楽しみ方は人それぞれで、感じ方、切り取り方も様々。
そして、年齢や体力が違うグループで山を楽しむには、安全で無理のない行動が大切で、無理のできないメンバーのペースに合わせつつ、個々のやり方で時間を楽しむというもの。
尾瀬はそれができる地域。


まずは、お天気に恵まれ、これ以上を求めるのは贅沢というもの。


朝、早い時間に鳩待峠から入り、静かな尾瀬ヶ原を楽しむ。

Img_7046

Img_7088

気持ちよい。
風景や時間を楽しむ。



見晴らしからは体力に応じて、グループを分ける。
分けて、それぞれが楽しめればよい。

おおよそ、全員の安全に問題はあるまい。と、この時は判断。




自分は、全体の安全を考え、燧ケ岳まで足を延ばす。
(説明が面倒なので、理由は適当に誤魔化す)

新道は、ぬかるみは多いが、転ぶほどのものではない。
モトクロス気分で楽しむ。


8合目から、腿の筋肉がつりはじめる。
ムリせぬほうが良さそうだ。

Img_7110

頂上にはアキアカネが乱舞。
この山の良さは、美しい原生林。
眺望も良いが、実は驚きは少ない。


何かと、説明が面倒なので、ビールを理由に下山する。


よって、ビールにビール。酔うでないか。



見晴らしに泊、
静かな夕暮れや星空を楽しむ。







消灯後は静かに星を見上げましょう。

久しぶりに小屋に泊まったが、山慣れたグループが増えたと思う。
小屋はすぐに寝静まり、朝も静かに行動がはじまった。

Img_7146

早朝、小屋を出発。
朝の湿原の雰囲気をじっくりと楽しみながら歩いた。


風景、草花を楽しみ、それを共有しながら歩く。
そんな、時間と空間の共有は実によい。
今回は、柔軟な行動、個々の自由な時間の流れを楽しむことを標榜した。
楽しんでくれた仲間がいて、そして楽しかった。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

合掌


八郎さん

もう夏ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

紫陽花そして海

紫陽花は、花被ではなく、発達した咢(がく)の部分が色彩を帯び、球形の花序により手毬状となる。
手毬状に剪定した個体(下写真)を手毬状に栽植してみたいと思った。

Img_20180623_145051_2

ただ、気の向くまま、歩き、スマホのカメラで風景を切り取ってみる。
「空想」を楽しむ。





翌日、

どこまで行くかを決めぬまま、海沿いの古い町並みを走る。

Img_20180624_142032

娘とのんびりした時間を過ごす。

波は静か。良い時間を過ごす。






4月、伊豆の海で八郎氏が消息を絶った。

こんなふうに風景を切り取りながら、こんな断片を坦々と積み重ねながら、時間は経ってゆく。
いずれ白出沢を登り、そして穂高の山々を畏れながら、それも断片として積み重ねる毎日が、僕の人生なのだろう。

これから、どんな断片を積み重ねてゆくのか、その最後は自分の中で一気に深く沈んで消えゆくのだろうけど。たぶん、静かに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

破風山:レンゲツツジ放牧地

2018年6月17日

レンゲツツジの季節、混雑を避けて選んだのが五味池破風高原、前日は長野市内で日帰り温泉を頂戴し、須坂で夕食を済ませて登山口駐車場で朝を待った。

予想通り、入山者は少なく。静かな山歩きを楽しめた。


5:20、出発。
レンゲツツジが朝日に照らされていた。

Img_6958

(長野市の向こうに、妙高・高妻、雪の残る飛騨山脈)

やがて、現役の牧草地。

Img_6960
(標高を上げてゆく、白馬や鹿島槍がよう見える)

樹林帯を抜けて、土鍋山への分岐にたどり着く。
土鍋山へのルートは朝露に濡れた笹が深く、ズボン(たぶんパンツまで)を濡らす気になれずにパスする。
破風山へと向かう。

笹っぱらから水無峠を見下ろす。
マニアックな人たちが、峠で新しい経験をしている。いいね。

Img_6977
(嬬恋方面は雲海の下)

Img_6988

6:40、頂上。

しばし風景を楽しむ。

水無峠に下るプランを持っていたが、その気にならず、下山する。
北側のルートをチョイス。

レンゲツツジを楽しみながら、道草を楽しみながら、下ってゆく。

8:20、駐車場に戻る。



この後は、高山村で温泉と決めていた。
こちらが、一番の目的。

昨年、草津白根山のあとに笠ヶ岳に立ち寄った際、高山村の所在を認知した。
そして、良い温泉があることを知って、いつかは行くぞと決めていたのだ。


破風山は、実はそのついでである。

途中、「雷滝」に立ち寄る。

Img_7022

(滝の裏を通って、下からも見上げることができる)

なかなか、良い経験をしました。
「温泉」という心のゆとりが、そうさせます。

一番、深部の七味温泉へ。

P_20180617_103504

(硫黄泉、白濁好きである。露天は広い)

とても良い。ええですわ。
のんびりしたい温泉であった。

午後はもう一山する時間はあったが、温泉の余韻を消したくない。

帰路につくことにする。



お昼頃に新潟県境に。

Img_7031

(妙高、火打、高妻、黒姫を水源とする関川)

天ざるを頂戴し、関川の関所跡を見学する。

そして、日本海沿いの一般道を走る。



能生を過ぎてから、かねてより気になっていた、上早川地区に入る。

新幹線から一瞬見える頚城の山々を間近で感じたい。

Img_7041
(火打山、焼山、金山)

こちら側からは活火山・焼山の溶岩台地を登るルートのみで、入山制限があって、入りにくい。

ダイレクトに火打や金山へ上がるルートがあればなあと思う。
温泉もあるし、糸魚川の海の幸、雨飾山ともつながる。
ジオパーク。頚城の文化・風土。
理系・文系問わす、楽しむ資源は豊富。


焼山の噴火リスクは、否定できないけど。



今回は、抗しがたい地殻変動・火山という地球エネルギーの表現型である山々、自然、湧き出でる温泉、放牧による淘汰圧がもたらしたレンゲツツジの群落、麓の人々の暮らし歴史を感じながらの旅であった。

七味温泉の余韻が消えつつあったので、笹倉温泉で余韻をつぎ足して帰路についた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

会津磐梯山、一切経山、安達太良山:会津温泉の旅

6月2日

会津へ向かう。
途中のSAで仮眠をとって、まずは会津磐梯山を峠から入る。

ブナの新緑が気持ちよい。

Img_6789

Img_6805

(松原湖のはるか向こうに月山、右手前は西吾妻)

Img_6814
頂上から見た猪苗代湖、霧は湖面のみとなった)

Img_6824
(櫛ケ峰)

3時間と20分で下山。

西吾妻山に入るには、時間が足らない。
途中、昼食に蕎麦をとって、浄土平へ移動する。


12:40 出発

Img_6836

 

 

Img_6845

(途中、鎌沼と酸ケ平避難小屋を見下ろす)
なかなか、良いところではないか!

Img_6853
(間もなく、一切経山頂上)

13:40着

Img_6856

(西吾妻へと向かう、たおやかな稜線)

夏は暑そうだ。


鎌沼へ下る。

Img_6865

(透明な水)

Img_6871

(姥ヶ原)
なんだかとても良い場所である。
のんびり歩く。


100名山ではないらしい?

Img_6879
(シューシューと激しく蒸気)

Img_6882

(吾妻小富士)

15:10 駐車場に戻る。

草津白根山とよく似た場所であった。


その後、温泉難民となる。土湯峠から下る道、温泉は日帰りの受けつけを早い時間に終了していた。

明日はどの山するか?
西吾妻は2月の雪の深い季節に。
このまま、東北道で北関東に転戦するもよし。
安達太良山の登山口が近い。
ひとまず、 登山口の「奥岳の湯」で汗を流す。

どうするか決めかねるまま、
野営場に幕営した。
新しい、発想はないものか。

6月3日

結局は、ベタに安達太良山となる。
6:00頃、出発。

まずは、あだたら渓谷自然歩道を行く。正解。とっても良い場所でした。

Img_6890

その後、馬車道(林道)ではなく旧道を選んで、登ってゆく。
途中から、旧道は途切れ、ジムニー道を行く。

Img_6894

勢至平で細い道に入り、峰の辻には7:50着。

Img_6905
(左奥のもっこりが頂上)

ここから稜線に上がり、西側の沼の平を見下ろす。

Img_6908

荒涼とした風景。朝食タイム。

Img_6914

(安達太良山には8:30)

その後、くろがね温泉に向かって下ってゆく。
くろがね温泉は10:00から入浴可能。45分ほど小屋の前で時間をつぶすことになった。

 

Img_6919

(小屋のくろがね、小屋の名前とは関係ないらしい)

独り温泉を頂戴する。
誠に良いお湯である。自分基準で、10本の指に入る。
このためだけに来てもよい。

登山口には11:25、
小屋からは1時間ほどの道のりであった。

途中、街道で蕎麦を頂戴し、「フォレストパークあだたら」で改めて温泉を頂戴する。
ここもなかなか良いお湯であった。

洒落た露天で、森との一体感を感じることができた。


実は、休暇をとってもう一日、歩く予定であったが、体力がもたない。
帰ることにする。


会津の風景を楽しみながら車を走らせる。
道中の道の駅やコンビニで、地域の日本酒を買いながら・・・。
新潟県に入ってから高速に乗った。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八経ヶ岳・大台ケ原:涼しいうちに

2018年5月26日

Img_6649

Img_6659

Img_6674

Img_6688

27日

Img_6708

Img_6718

Img_6723

Img_6738

Img_6739

Img_6740

Img_6741

Img_6747
奈良は遠いが、行けない距離ではない。
古き日本の風土が残っている。

良い温泉もあった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

西天狗・東天狗岳:温泉の旅の流れ者

5月19日

北から寒気が入って、天候が不安定。
カヤノ平に入ろうとするも、ゲートは閉ざされ、またもや温泉の旅に変更。
野沢温泉ほかを何か所が巡る。

P_20180519_154945

P_20180519_164315

(信越トレールも閉ざされていて、しかも雨)

もはや温泉が目的、かねてより気になっていた「唐沢鉱泉」を目指して大移動する。
八つまで行けば晴れる。

20日
鉱泉傍の駐車場から、尾根に取りつく。

Img_6589
(尾根上に雪は無く、乾いた道のり)

Img_6601

(振り返ると、飛騨山脈の山々がよう見える)

Img_6607
(西天狗岳頂上、一面の霜柱がキラキラと輝いていた)

Img_6618

(根石岳山荘は風の強い場所に建っている)

Img_6623

(東天狗岳頂上から見た、白マルチ栽培のレタス圃場)

黒百合平へと下る。

Img_6628_2
(スリバチ池から東と西の天狗岳を見る)

天狗は4度目?だが、
雪のない季節に来たのは初めてかもしれない。

Img_6629
(午前中の小屋はひっそりとしている)

Img_6640

(八ヶ岳らしいシラビソと苔の道をゆく)

Img_6645
(お昼前に下山)

独り占めの湯舟で、のんびり過ごす。お湯が直射日光をキラキラと反射する。
実に気持ちの良いお湯でした。
唐沢鉱泉、絶対に、また来ると思う。

P_20180520_123809
(源泉は透明で青い)

その後、尖石縄文考古館に立ち寄る。かなり面白い。
自分にも縄文・弥生の血が流れている。

国宝の「土偶」が2体、圧倒的な存在感と代えがたい価値を感じる。
見るべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金剛堂山:雪が残るうちに

2018年5月6日

Img_6528

Img_6529

Img_6538

Img_6540

Img_6542

Img_6544

Img_6548

Img_6556

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池ケ原:奥飛騨温泉の旅

2018年5月4日


始めは濁河温泉から御嶽山を登る予定で、夕刻に飛騨市の温泉で汗を流す。
高山で夕食をとって朝を待つが、天気予報は思わしくない。上部は荒れるだろう。断念。

高山のスタバでくつろいだり、もう一つ温泉を頂戴して奥飛騨温泉の旅となる。
天生峠を偵察するも、予想通り通行止め。
今年は7月まで待たねばならぬようだ。

P_20180504_141457


奥飛騨の風情を楽しみながら、昔、子供たちと訪れた山あいの集落を巡る。

Img_6478

そういえば、池ケ原ってあったな。ここは行ったことがない。
水芭蕉が見頃かもしれない。

Img_6489

Img_6502

Img_6514

Img_6518

Img_6522

思っていた以上に、素敵な場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉羽丘陵・大辻山:春の空気

21018年4月29日


しばし、事情により山に入れませんでしたが、再始動。

Img_6434

Img_6437

Img_6438

Img_6439

Img_6440

Img_6442

Img_6445

Img_6453

Img_6454

4月30日

Img_6460


Img_6463

Img_6466

 

Img_6469

Img_6476

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓼科山:ひとまず行く

2018年2月4日

なんとなく、八ヶ岳方面に足が向いて、今年の山始めは、蓼科山となった。

Img_6389

Img_6392

Img_6403

(今回、南八は雲の中であった)

長靴にスパイクで、サクサク山。難しくはないが。
寒さ対策は必要。

登山道の尻セード跡が、難易度を高め、
アイゼン、ピッケルの基礎練習に適したコース設営となっている。


時間があるので、霧ヶ峰方面を散策。

Img_6410

Img_6412_2

Img_6415_2

Img_6416

(積雪は多くない)

Img_6423

(諏訪湖の御神渡りを眺める)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«硫黄岳・東天狗岳:本沢温泉、稲子湯温泉